「ビジネスローンの審査ガイド」 一覧

【審査に通りやすい新規参入のビジネスローンをおすすめします】

ビジネスローンについては大手銀行や大手消費者金融が提供するものという印象があるのですが、ビジネスローンのサービスを新規に開始する金融機関なども多いようです。新規参入のビジネスローンは比較的審査に通りやすいとされているのですが、それはなぜなのでしょうか。

なぜ新規参入のビジネスローンは審査に通りやすいのでしょうか?

新規参入のビジネスローンはスコアリングシステムが未整備であることが多いようです

大手銀行や大手消費者金融などが提供するビジネスローンでは、審査は基本的に「スコアリングシステム」によって行われます。

スコアリングシステムは企業の各種情報を数値化して判定するシステムであり、決算情報などに基づいてほぼ自動的に審査が行われます。

最終的には担当者がチェックをして融資の可否を決めていますので完全な自動審査ではありませんが、そのほとんどは自動審査の結果に基づくものであり点数化された評価により判断されるのです。

しかし新規参入のビジネスローンではスコアリングシステムが未整備であり、審査担当者が書類などに基づいて独自の判断を行う場合が多くなります。スコアリングシステムによる評価とは異なり審査担当者の主観により判断されますので、大手銀行や大手消費者金融で審査に通らなかった場合でも新規参入のビジネスローンならば審査に通過できる可能性が十分にあるのです。

新規参入のビジネスローンでは融資の実績を作りたいと考えています

ゼロからスタートするのが新規参入のビジネスローンですから、まずは実績を作りたいと考えて審査のハードルを低めに設定している場合などもあります。

会社としての実績を作るために契約件数を増やすことを優先した審査を行いますので、大手銀行や大手消費者金融などで審査に落ちてしまった場合でも新規参入のビジネスローンならば審査に通過できる可能性が高くなります。

ただし事業を開始してから一定期間が経過してある程度の実績を積み重ねると、その後は利益率や貸倒率などに基づいて審査基準を引き上げる場合などもありますので、新規参入のビジネスローンにはできるだけ早めに申し込むことをおすすめします。

新規参入のビジネスローンでは審査のノウハウが不足している場合があります

ビジネスローンをはじめとする各種無担保ローンでは信用に基づいて貸付が行われますので、その審査内容がとても重要になります。

いずれの金融機関でも審査の項目などについてはほぼ同一となっているのですが、それぞれの審査項目の重要度(ウエイト)は各金融機関ごとに異なります

審査に関する優れたノウハウがあれば貸倒のリスクを抑えながら業績を伸ばすことができますので、金融機関にとって審査に関するノウハウは門外不出の機密事項となっています。

ビジネスローンの審査には個人向けローンや有担保ローンなどとは異なるノウハウが必要になりますので、新規参入のビジネスローンがいきなり最適な審査を行うことはとても難しいのです。

新規参入のビジネスローンでは審査に関するノウハウを手探りで積み重ねていくことになりますので、結果的に審査に通りやすくなる場合が多くなるのです。

審査に通りやすい新規参入のビジネスローンは狙い目です

新規参入のビジネスローンは比較的審査に通りやすいとされていますが、それは次のような理由によるものです。

・スコアリングシステムがしっかりと整備されていないため、審査に通りやすくなります。
・担当者の主観に基づいた審査が行われますので、審査に通りやすくなります。
・貸付の実績を作ることを優先していますので、審査に通りやすくなります。
・審査のノウハウが不足しているため、審査に通りやすくなります。

大手銀行や大手消費者金融の審査に落ちてしまった場合などには、審査に通りやすい新規参入のビジネスローンに積極的に申し込んでみてください。審査に通過できる可能性が十分に期待できるはずです。

ビジネスローンの審査に通りやすい時期やタイミングなどはあるのでしょうか?

ビジネスローンの審査については、実は審査に通りやすい時期やタイミングなどがあります。それではどのような時期やタイミングであれば審査に通りやすくなるのでしょうか。

金融機関の決算月を狙って申し込んでみましょう

ビジネスローンの提供を行っている金融期間の中には独立系の会社などもあるのですが、その大半は大手消費者金融や大手銀行などの連結子会社となっています。

例えば「オリックスVIPローンカード BUSINESS」を提供するオリックスクレジット株式会社は、オリックス株会式会社の100%子会社となっています。また「ビジネクエスト」を提供するビジネクエスト株式会社はアイフル株式会社の100%子会社であり、「オーナーズセレクトカード」を提供する新規株式会社は新生フィナンシャル株式会社の100%子会社です。

いずれについても上場企業の100%子会社となりますので、親会社の決算では子会社の経営成績も連結される形で発表されることになります。親会社では決算の際にはできるだけ良い数字を発表したいと考えていますので、子会社に対しても一定の業績をあげることを求めます。

そのため子会社では決算月が近づくと審査基準を普段よりも引き下げて、融資の実績をあげようとする傾向があるのです。親会社の一般的な決算時期は3月末になりますので、ビジネスローンに申し込むのであれば2月から3月が狙い目になるでしょう。

また半期ごとの決算も行われますので、8月から9月についても同様に狙い目になります。

ビジネスローン繁忙期である12月を狙って申し込んでみましょう

ビジネスローンを提供する金融機関にとって、1年で最も忙しくなる時期が12月です。年末になるとそれぞれの企業ではボーナスの支給や年末年始の仕入れのための資金を必要としますので、ビジネスローンの申し込みについても同様に増加します。

資金需要が高まる12月にキャンペーンなどを積極的に行い新規顧客の獲得を目指す金融機関が多いですから、この時期に申し込めばビジネスローンを有利な条件で利用できる可能性が高くなるのです。

審査に通りやすい時期やタイミングなどを積極的に狙ってみましょう

ビジネスローンの審査はスコアリングシステムにより機械的に行われることが一般的ですが、最終的に融資の可否を決定するのは審査担当者です。

金融機関ではいつでも同じ基準でビジネスローンの審査を行っているとしているのですが、実際には時期やタイミングなどにより審査に通りやすい時期が存在します。

企業の業績などに大きな問題があればいつ申し込んでも審査には通らないということになりますが、審査に通過できるかどうか微妙な状態であれば審査に通りやすい時期やタイミングを狙ってみることをおすすめしたいと思います。

審査に通りやすい金融機関はどのようにして見分ければよいのでしょうか?

ビジネスローンをはじめとした各種ローンの審査基準は、各金融機関にとっては最重要の機密事項となります。ビジネスローンの審査に落ちてしまった場合には、その理由を教えてもらうことなどはできません。

担当者は個人としてアドバイスをしてくれるかもしれませんが、実際の詳細な審査基準については担当者自身にもわからないのです。ビジネスローンの審査基準が判明してこれが一般にも広く知られてしまうと、審査基準に合わせて申し込みをしようと考える企業が増えるため、結果的に貸し倒れなどが増加して借り手である企業にとっても貸し手である金融機関にとっても不利益になってしまいます。

そのため各金融機関では審査基準を非公開として、これを最重要機密としているのです。ただしこれまでにおけるビジネスローンへの申し込みとその結果のデータから、およその基準については推測することができます。

今回はビジネスローンの審査に通りやすい金融機関を見分けるためのポイントについてご紹介したいと思います。

金利が高いビジネスローンを選べば審査に通りやすくなります

ビジネスローンの金利は貸し倒れ率などに基づいて各金融機関が独自に設定しています。低金利のカードローンを提供する金融機関では貸し倒れ率を低めに設定していますので、それだけ厳しい審査が行われることになります。

逆に高金利のカードローンを提供する金融機関ではある程度の貸し倒れが発生することを見込んで金利を設定していますので、その分だけ審査には通りやすくなるのです。

金利の設定と審査の通りやすさとは相反する関係になりますので、金利が高いビジネスローンを選べばそれだけ審査には通りやすくなります。

ローンカード型よりも事業融資型の方が審査に通りやすくなります

個人向けカードローンの提供を主たる業務としている金融機関ではビジネスローンについてもローンカード型で提供し、個人向け融資と同様にスコアリンスシステムにより融資の可否を自動的に判定していることが一般的です。

一方で事業融資を専門とする金融機関では担当者が決算書類などの評価を行い、さらに面談などによって融資を決定することが多いようです。スコアリングシステムも利用しますが最終的な判断は審査担当者が行いますので、スコアリングシステムでは反映されにくい項目についてもしっかりと評価してもらうことができます。

また事業融資を専門とする金融機関ではビジネスローン以外に、不動産担保ローンや売掛債権の買取などの様々な資金調達の手段を利用できるというメリットもあります。

中小の金融機関の方が審査に通りやすくなります

ビジネスローンを提供する金融機関の規模は様々ですが、大手銀行や大手消費者金融は知名度が高く広告宣伝などにも力を入れていますので、ある程度の顧客数を安定して獲得することができるのです。

しかし中小の金融機関の場合には広告宣伝などに使える予算が限られていますので、大手銀行や大手消費者金融などで融資を断られた顧客を融資の対象とする必要があります。そのためビジネスローンでは大手機関機関よりも中小の金融機関の方が審査に通りやすいのです。

ただし中小の金融機関の中にはいわゆる「ヤミ金」なども含まれていますので、ビジネスローンに申し込む際には正規の金融業者であることを必ず確認するようにしてください。

審査に通りやすいビジネスローンを積極的に狙ってみましょう

審査に通りやすいビジネスローンについてまとめてみると以下のとおりとなります。

・金利が高いビジネスローンは審査に通りやすくなります
・事業融資型のビジネスローンはローンカード型よりも審査に通りやすくなります
・中小の金融機関は大手金融機関よりも審査に通りやすくなります

ただし個人向けカードローンなどと比較するとビジネスローンを提供する金融機関の数は少ないですから、場合によって金融機関の選択肢そのものが少ないという場合などもあるかもしれません。

そのような場合にはとりあえず複数に申し込んでみて、審査に通らないようであれば対策を考えるという方法も検討してみてください。

経営が順調な時期がビジネスローンに申し込むチャンスです

ビジネスローンの審査結果は経営状態に大きく左右されます

ビジネスローンの審査結果は経営状態によって決まるといえます。経営状態というのは具体的には「どの程度の利益を獲得しているのか」ということです。個人向けカードローンの審査では借り入れを行う個人の返済能力が重視され、収入の額が多ければそれだけ大きな金額の借り入れが可能になります。

同様に法人がビジネスローンに申し込む場合には、毎月の収入額であるフリーキャッシュフローの金額が重視されるのです。

経営状態が良好であればフリーキャッシュフローの額も多くなり、それだけ返済能力も高いと判断されることになります。例えば毎月のフリーキャッシュフローが1000万円の企業であれば、金融機関ではこれに基づいて500万円程度であれば無理なく返済できるだろうと判断するのです。

ただし企業の経営状態は周囲の環境などにより刻一刻と変化することになります。現在の経営状態が良好だからといって、半年後や1年後にも同様の状態が維持できているかどうかはわかりません。企業の経営状態は個人の信用状態よりもずっと不安定なのです。

経営が順調な時がビジネスローンの申し込みに最適なタイミングです

経営が順調な時期はフリーキャッスフローが潤沢で支払い能力に余裕がありますので、ビジネスローンに申し込めば審査に通る可能性が高くなりますし、また利用限度額についても高額が期待できます。

しかし一方で経営が不調な時期はフリーキャッシュフローが不足し支払い能力も低くなりますので、ビジネスローンに申し込んでも審査に落ちてしまう場合が多くなります。

また審査に通ることができても利用限度額を制限されてしまうことが一般的です。ビジネスローンについてはお金が必要になって申し込むというケースが多いのですが、お金が必要な場合には経営状態がイマイチであることが多いため、審査に申し込んでもこれに落ちてしまう可能性が高くなってしまうのです。

カードローン型のビジネスローンでは一度申し込みをして利用枠を作れば、その後お金を借りなくても全く問題はありません。ほとんどの場合には年会費などはかかりませんので、カードローン型ビジネスローンの利用枠を持っているだけであればそのコストは0円なのです。

急にお金が必要になった場合などにはコンビニのATMなどを利用して365日24時間何時でも借り入れができますので、いざという場合の備えとしても多いに役立つはずです。

経営状態が不調になってからビジネスローンに申し込んでも審査に通ることは難しいですし、また審査に通ることができても大きな金額の借り入れは難しくなります。ビジネスローンについては経営が順調な時期が申し込みに最適なタイミングですから、いざという場合に備えるためにも余裕のある時期に申し込んでおくことをおすすめします。また近い将来設備投資などのために資金調達が必要になる場合には、余裕を持って経営が順調な時期に早めに申し込むようにしましょう。

経営が順調な時期にいざという場合に備えておくことをおすすめします

経営が苦しくなってからビジネスローンに申し込んでも審査に通ることは難しくなりますし、また審査に通過しても利用限度額が制限されてしまうかもしれません。ビジネスローンに申し込むのであれば、経営が順調な時期が最適なタイミングになります。

いざという場合に備えるためにも、経営が順調な時期にビジネスローンの申し込みを検討してみましょう。

法人信用情報には何が登録されている?

2018/06/07  

ビジネスローンをはじめとする各種のローンでは利用のための審査が行われますが、この時には個人を対象とした審査では「個人信用情報」が、また法人を対象とした審査では「法人信用情報」が重視されることになります ...

帝国データバンクに登録されている情報について

2018/06/07  

帝国データバンクは日本国内における最大の信用調査会社です。企業の経営者であれば一度はその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。今回はビジネスローンの審査と帝国データバンクとの関係についてご紹介し ...

節税しているとビジネスローンの審査でどう評価される?

2018/06/07  

企業経営者や個人事業主にとって特に重要であるのが「節税」です。「節税」というと悪いイメージを持つ人がいるかもしれませんが、適法な税金対策は企業経営に必要不可欠なものであり決して悪いものではありません。 ...

ビジネスローンの審査で無借金経営の評価は?

2018/06/07  

企業経営者の多くはビジネスローンの審査の際に「無借金経営であれば高く評価されるだろう」と考えているようです。借金なしで健全な経営を行うのが無借金経営ですから、高い評価を期待するのが当然だともいえます。 ...

法人にもブラックリストがあるの?

2018/06/07  

ビジネスローンに申し込んでもなかなか審査に通らないと、「ブラックリストなのではないか?」と心配になるかもしれません。それではビジネスローン審査におけるブラックリストとは、具体的にはどのような状態のこと ...

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.