事業者ローン(ビジネスローン)を借りたい人にお薦め業者を紹介

・事業者ローン・ビジネスローンは中小企業や個人事業主をサポートするためのローンです!
中小企業者や個人事業者を資金面からサポートするのが「事業者ローン・ビジネスローン」です。銀行・消費者金融・ノンバンク・カード会社などの機関が資金が必要な経営者や個人事業主のために、第三者である保証人なしで融資を行います。

 

調達した資金は開業(創業)資金・仕入れ費用・新規事業資金・運転資金・つなぎ資金などの目的に自由に使うことができます。ただしビジネスローンは保証人なしの無担保で借入ができることが特徴であり、一般的な保証人や担保を必要とする融資に比較すると金利が高めに設定されていますので、できれば短期的な資金調達のために活用することをおすすめしたいと思います。

 

現在は様々な金融機関がビジネスローンの取り扱いを行っていますが、その審査基準については金融機関それぞれごとに違いがあるようです。

 

事業者ローン・ビジネスローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

すぐに融資を受けることができます

事業者ローン・ビジネスローンは審査が短時間で完了するため、通常銀行融資よりも早く融資を受けることができます。また業者によっては即日融資に対応している場合などもあるようです。さらに銀行融資に比較すると審査のために提出が必要な書類も少ないため、準備のために必要な時間も短くて済むのです。

 

銀行融資よりも審査に通りやすくなります

銀行融資と比較すると、事業者ローン・ビジネスローンは比較的審査に通りやすいといえます。ただしその分だけ金利が高くなってしまうことが一般的です。

 

総量規制の対象にはなりません

「総量規制」は貸金業法に基いた規制であり、これにより個人が借入をすることができる最大限度額は年収の3分の1までに制限されているのです。消費者金融や信販会社は総量規制の適用対象ですが、下記の条件を充たす場合には総量規制の対象外となります。

 

・事業資金として活用することを目的とした借入であること。
・直近における資金計画書・収支計画書・事業計画書・確定申告書などを提出すること。
・借入を行う金額が返済能力の範囲内であると認められること。

 

個人名義における借入であっても上記の条件を充たすのであれば総量規制は適用されませんので、年収の3分の1を超える借入も可能となります。また法人名義による借入は、個人を対象とする総量規制の対象外です。

 

保証人や担保なしで借入ができます

通常の場合、銀行融資などを受けるためには保証人を立てたり、また保有する土地や建物などを担保として提供することが必要になります。事業者ローン・ビジネスローンであれば保証人や担保なしでも借入が可能です。

 

・「第三者の保証人なし」で借入ができます
法人経営者が事業者ローン・ビジネスローンに申し込む場合には、第三者の保証人なしで借入を行うことができます。法人の場合には法人格として借入を行うため、代表者が法人と連帯して借入の保証を行うことになります。ですから法人代表者が連帯保証を行えば、それ以外の第三者の保証人は不要なのです。また個人事業主が事業者ローン・ビジネスローンに申し込む場合には保証人は不要です。

 

来店なしで借入ができます

このサイトでみなさんにご紹介している事業者ローン・ビジネスローンであれば、来店なしでお申し込みから契約までの全ての手続きを行うことができます。必要な書類などを郵送することで簡単に手続きができますので、店舗などに足を運ぶ時間がないお忙しい個人事業主の方にもおすすめです。

 

利用限度額の範囲内であれば自由に借入を行うことができます

カードローンにより借入を行う場合には、利用限度額の範囲内でいつでも自由に借り入れを行うことができますので、急に資金が必要になった場合などでも安心です。

 

また資金の余裕があればいつでも自由に一括返済や増加返済などを行うこともできますので、資金繰りに応じた無理のない返済計画を実現することができます。さらにお近くの提携銀行やコンビニエンスストアなどのATMを利用することができますので、わざわざ遠くの店舗などに足を運ぶ必要はないのです。

 

365日24時間何時でも自由に借り入れを行うことができます

以前のカードローンには利用できる曜日や時間などに制限があったのですが、現在は提携する銀行やコンビニなどのATMを利用すれば365日24時間何時でも自由に借り入れを行うことができます。

 

借り入れの金額についても融資枠の範囲内であれば自由ですから、とりあえずカードローンに申し込んでいざという場合の備えとして活用することもできます。資金繰りの厳しい中小企業などにとっては、特に便利で役立つローンだといえるでしょう。

 

事業者ローン・ビジネスローンにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

・銀行融資と比較すると金利は高くなります
事業者ローン・ビジネスローンには保証人なしで無担保で借り入れができるというメリットがありますが、その一方で金利が高いというデメリットがあります。ビジネスローンは借り手にとっては「第三者の保証人なし」「無担保」で利用することができる便利な商品なのですが、一方で貸し手である金融機関にとっては貸し倒れのリスクが高い商品になるのです。

 

そのため金融機関では貸し倒れに備えるために、保証人や担保に基づいて行う銀行融資などよりも高い金利を設定しています。ただし利息制限法により請求できる利息の上限金利が設定されていますので、例えば借入額が100万円であれば利息の上限は最大でも15%までとなります。

 

・銀行融資と比較すると借り入れ限度額は低くなります
借り入れを行うことができる限度額についても、事業者ローン・ビジネスローンの場合には銀行融資よりも低くなります。大きな資金が必要になる事業目的の資金が必要な場合には、事業者ローン・ビジネスローンよりも銀行融資に申し込むことをおすすめします。

 

事業者ローン・ビジネスローンは様々な目的のために活用することができます

・売上金が実際に入金されるまでの運転資金として活用することができます。
・銀行融資が実行されるまでの間のつなぎ資金として活用することができます。
・従業員給与支払のための資金として活用することができます。
・下請け企業への支払のための資金として活用することができます。
・工業機械や資材などを購入するための資金として活用することができます。

 

事業者ローン・ビジネスローン比較検討の為の「コツ」を紹介

1)金利は上限金利で比較するようにしましょう

事業者ローン・ビジネスローンの金利については、通常「5%〜15%」などのように一定の幅をもった表記がされています。ただし実際の借り入れを行う場合には、ほとんどの場合には上限とされる金利が適用されるようです。

 

借り入れの金額が大きい場合や利用により一定の信用を獲得した場合には低い金利が適用される場合もありますが、初めての申し込みであればまずは上限金利を重視して事業者ローン・ビジネスローンを比較検討してみましょう。

 

2)融資までのスピードを重視して選びましょう

中小企業の場合には、資金繰りの都合ですぐにお金が必要な場合なども多いはずです。このような場合にはいくら金利が安くても、必要な時間までにお金の準備ができなければ意味がなくなってしまいます。事業者ローン・ビジネスローンでは即日融資に対応する金融機関などもありますし、中には最短60分で審査が完了する場合などもあるようです。

 

すぐに資金を準備する必要がある場合などには、融資までのスピードを重視して事業者ローン・ビジネスローンを比較検討することをおすすめします。

 

3)ローンカード型かどうかを確認しましょう

ローンカード型の事業者ローン・ビジネスローンであれば、利用限度額の枠内であれば提携する銀行やコンビニなどのATMを活用していつでも借り入れを行うことができます。

 

いざという場合に備えるための資金サポートとしての役割を期待するのであれば、ローンカード型の事業者ローン・ビジネスローンが便利です。一方で最初からまとまった資金が必要な場合などは、契約により一定の額を借り入れるタイプの事業者ローン・ビジネスローンをおすすめします。

 

このタイプはローンカード型とは異なり契約後の追加借り入れやATMの利用などには対応していないことが一般的ですが、その分だけ大きな金額を借り入れることが可能になります。借り入れの目的や必要な金額などに応じて、適切なタイプの事業者ローン・ビジネスローンを選択するようにしましょう。

 

4)金融機関のタイプで選ぶようにしましょう

事業者ローン・ビジネスローンを提供している金融機関には様々なタイプがあります。銀行・消費者金融・信販会社といった違いもありますが、事業者ローン・ビジネスローンを選ぶ場合には事業融資専門なのか、あるいは個人向け融資の延長として事業融資を行っているのかを重視するようにしましょう。

 

事業融資専門の金融機関であれば、事業者ローン・ビジネスローン以外に不動産担保ローン・売掛債権担保ローン・手形買取などのサービス提供を行っていますし、会社の経営状態などに応じた最適な金融商品の提案やアドバイスなどを受けることができます。またビジネスに関する各種ローンの取り扱い実績が豊富であるため、企業の業績だけでなく将来性や社長個人の人柄なども含めた柔軟な審査が期待できるでしょう。

 

一方で個人向け融資の延長として事業融資を行っている金融機関は大手企業が多いため、個人向けカードローンのサービスネットワークを活用した利便性の高い事業向け融資を実現しています。申し込みがしやすく365日24時間提携ATMなどを活用した借り入れや返済などに対応していて便利なのですが、一方で機械的に審査が行われることや借入限度額が限られること、また金利が高めであることなどのデメリットがあります。

 

それぞれのメリットとデメリットをしっかりと確認して、利用目的に応じた金融機関のタイプを選んでみてください。

 

5)利用限度額を確認しましょう

事業ローン・ビジネスローンの場合には事業のために必要な資金を調達することが借り入れの目的となりますので、必要となる金額の調達ができなければその他の条件がいくら有利であっても意味がなくなってしまいます。申し込みの際には必要な金額を調達することができるかどうか、事前に利用限度額をしっかりと確認するようにしましょう。

 

6)保証人や担保について確認しましょう

事業ローン・ビジネスローンでは保証人や担保などは不要で借り入れができることが一般的です。ただし保証人を立てたり担保を提供することによって、より大きな金額や低金利のローンが利用できる場合などもあります。売掛債権担保ローンや不動産担保ローンなどを利用することができればより有利な条件で借り入れができますので、保証人や担保の準備が可能であれば選択肢として検討してみてください。

 

7)利用対象者について確認しましょう

事業ローン・ビジネスローンは法人経営者や個人事業主を対象とすることが一般的なのですが、その一部には法人経営者だけが利用できるものや個人事業主だけが利用できるものなどもあるようです。自分が利用したい事業ローン・ビジネスローンの利用対象者についても事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

8)来店の必要の有無を確認しましょう

ほとんどの事業ローン・ビジネスローンでは来店による手続き不要で融資を申し込むことができるのですが、一部の事業融資を専門とする金融機関では実際の面談により審査を行う場合などもあるようです。来店が必要な事業ローン・ビジネスローンの場合には実際に融資を受けることができるまでに時間がかかることがありますので注意が必要です。

 

9)資金の利用用途について確認しましょう

ほとんどの事業ローン・ビジネスローンでは、借り入れ資金の利用用途は事業資金としての活用に限られています。ただし個人事業主の場合には、ビジネス用途とプライベート用途の両方に活用できるローンなどを選ぶことも可能です。利用用途に応じたローン商品を選んでみてください。

 

10)最長借り入れ期間を確認しましょう

事業ローン・ビジネスローンについては短期的な資金調達のために活用することをおすすめしますが、月々の返済額をどうしても少なくしたいという場合には最長借り入れ期間が長いものを選ぶようにしましょう。返済期間が長くなれば月々の返済額を減らすことができます。ただし借り入れ期間が長くなれば金利の負担も大きくなるため注意が必要です。

 

11)悪徳業者やヤミ金などに注意しましょう

事業ローン・ビジネスローンを提供する業者の一部には、高額な金利を請求したり暴力的な取立てを行ったりする違法な金融業者である「悪徳業者」「ヤミ金」などが存在します。これらについては金融庁や貸金業界などのwebサイトで確認することができますので、申し込みの前にはこれらを活用して正規の金融業者であることを確認するようにしてください。

「違法な金融業者に関する情報について」(金融庁のwebサイト)
http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/ihou.pdf

 

「悪質業者の検索」(貸金業業界のwebサイト)
http://www.j-fsa.or.jp/personal/malicious/index.php

 

事業者ローン・ビジネスローンについてまとめてみました

事業者ローン・ビジネスローンを選択する際には「資金調達のために何を重視するのか?」を明確にすることが大切です。金融業者などによってそれぞれにメリットやデメリットがありますので、企業の状況などに応じた最適な事業者ローン・ビジネスローンを選ぶことが重要になります。

事業者ローン・ビジネスローンは中小企業や個人事業主をサポートするためのローンです!/おすすめ消費者金融エスプレッソ記事一覧

企業の経営者にとってビジネスローン(事業者ローン・商工ローンなど)はとても便利で役立つ金融商品なのですが、実際に利用する前にはメリットとデメリットについて確認しておくことが必要になります。今回はビジネスローンのメリットとデメリットについて詳しく解説しますので、ビジネスローンを利用する際の参考として活用してみてください。ビジネスローンのメリットについて事業のための資金(事業性資金)として活用すること...
【審査に通りやすい新規参入のビジネスローンをおすすめします】ビジネスローンについては大手銀行や大手消費者金融が提供するものという印象があるのですが、ビジネスローンのサービスを新規に開始する金融機関なども多いようです。新規参入のビジネスローンは比較的審査に通りやすいとされているのですが、それはなぜなのでしょうか。なぜ新規参入のビジネスローンは審査に通りやすいのでしょうか?新規参入のビジネスローンはス...
現在では様々な金融機関がビジネスローンの提供を行っています。最近ではカードローン型ビジネスローンなどが増えているようですが、従来からの事業融資型ビジネスローンなどもまだまだ多いようです。カードローン型ビジネスローンと事業融資型ビジネスローンにはそれぞれメリットとデメリットとがありますので、利用目的に応じて選択したり併用したりすることが大切です。今回はカードローン型ビジネスローンと事業融資型ビジネス...

このページの先頭へ戻る