提携している銀行口座以外からだと時間がかかることも

消費者金融のキャッシングやカードローンなどを利用していると、当然ですが借入した金額+利息を返済していかなくてはなりません。現在多くの消費者金融はインターネット返済、自社ATM、提携ATMからの返済に対応しています。そして自分で返済の手続きをとらなくても良い「自動引き落とし」も人気の返済方法です。長期間の借入になるとどうしても返済日のことを忘れてしまうこともあります。1日でも返済が遅れてしまうと遅延損害金が発生するためかなり損をすることに。これを防ぐ意味でも自動引き落としは便利なサービスだと言えるでしょう。

 

しかし、多くの方が知らない自動引き落としならではのデメリットも存在しているんです。そこでここでは消費者金融の返済で自動引き落としを設定するデメリットについて紹介していきます。

 

自動引き落としだと借入可能額が増えない!?

キャッシングやカードローンの基本的な仕組みとして、どちらも利用限度額の中であれば繰り返し借入ができる、というルールが設けられています。例えば30万円の利用限度額の人なら今10万円借入していたとしても残り20万円分までならいつでも自分の好きなタイミングで借入できます。もしも最大の30万円まで借入したとしても、10万円返済すれば自分の好きなタイミングで10万円分が新しく借入できるようになります。

 

このキャッシング、カードローンの当たり前の仕組みが通用しない可能性があるのが自動引き落としです。つまり、自動引き落としによって返済したはずなのに借入可能額が全く増えていない、という現象が起こる可能性があるわけです。

 

極端な例を紹介すると、30万円の利用限度額を持っている人が30万円いっぱいまで借入したとしましょう。そして、自動引き落としによって30万円と利息を引き落とすように設定しました。そうなると、引き落とし日以降は再度30万円まで借入できるはずです。しかしなぜか1円も借入できない・・・ということもあります。

 

どうしてそんなことになる?

自動引き落としを利用すると借入可能額が増えない可能性が起こるのはどうしてでしょうか。その理由は銀行や代行会社を一度挟んでいるからなんです。自動引き落としは基本的に銀行を経由しての返済方法となります。引き落としは指定された日に行われるのですが、その結果を取りまとめて消費者金融に報告するまでにタイムラグが発生します。これが一番の原因です。

 

実際に大手消費者金融の公式ホームページなどを見てみると、自動引き落としの項目の中に「2〜3営業日が必要」と明記されています。つまり、消費者金融側からしても「自動引き落としの場合はラグが発生して当たり前」と言っているわけです。

 

これを回避するためには、消費者金融と提携している銀行やグループ銀行の口座を引き落とし先に指定するのがベストです。例えば、プロミスの場合だと三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行の場合は自動引き落とし当日に借入残高が反映されますが、これら以外の金融機関の場合は3営業日後反映となります。

 

このような事態を避けるためにも自分が利用しようと思っている消費者金融と、提携している金融機関は必ず確認しておきましょう。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る