担保提供した不動産を法的に売却し債権者へ支払う競売

住宅ローンは人生の中で最も大きな借金になることが多いです。長期返済になるのが普通で、金利はかなり低いものの、借入金額が大きいこと、返済期間が長いこともあって利息総額はかなりの金額になってきます。もしも住宅ローンの返済ができない状態になってしまうとマイホームは「競売」に掛けられることになります。ここでは不動産競売について紹介していきます。

 

競売とは?

競売は銀行をはじめとした金融機関から住宅ローンを受けていて、借金が返済されなくなったときに行われる法的なものです。住宅ローンの場合だとマイホームが担保として取り扱われています。ですので、返済できていないとマイホームは金融機関側が好きに取り扱えるようになってしまいます。そこで利用されているのが「競売」です。競売は金融機関が裁判所に申し立てするところから始まります。申し立てが認められた場合、裁判所が強制的に売却し、その金額を返済に充てる、という流れです。実際に競売を行うのは国の裁判官、書記官、執行官の手によります。

 

返済ができない、と認められて競売に掛けるか否か、についてはマイホームの所有者の意思は全く関係ありません。あくまでもお金を貸した債権者と抵当権者の申し立てが通れば、競売が始まってしまいます。

 

競売物件の価値については裁判所に委託された不動産鑑定士が決めていきます。ここで決定されるのは「最低売却価格」というもので、競売にかけられることを前提として鑑定しているため一般的な住宅の市場価格よりもかなり低めに見積もりが取られてしまいます。場合によっては相場の半分くらいの値段しかつかないことも。もちろん、高く競売にかけてもらわないと借金の返済額が多く残ってしまうことになります。

 

例えば最低売却価格が1000万円になり競売がスタートしたとします。Aさんが1200万円で入札、Bさんが1250万円で入札、再びAさんが1500万円で入札して無事に落札。この場合だと競売で1500万円で売られたことになります。

 

競売後はどうなる?

住宅ローンの返済が上手くいかず、マイホームを競売にかけられた後はどうなるのでしょうか。もちろん、競売にかけられた時点でマイホームはすでに他人のものとなっているため家から出なくてはなりません。つまり新しい住居を探す必要があります。また、競売にかけられた値段にもよりますが多くの場合は借金の返済が続くことになります。決められた日に決められた金額を振り込まなくてはならないため、競売でマイホームを手放したにもかかわらず住宅ローンは続いているような状態になります。

 

そうなってしまうと何のメリットも残らないため、競売にかけられてしまう前に「任意売却」を選択してマイホームを処分し、残りの住宅ローンをコツコツと返済していく方が合理的だともいわれています。

 

競売にかかったマイホームを取り戻すこともできる?

可能性としては薄いのですが、競売にかけられたマイホームを取り戻すこともできます。というのも、競売にかかったマイホームは本人、連帯債務者といった「当事者以外」なら競売に参加できるからです。ですので、例えば配偶者の実家や親しい友人にお願いして競売の落札を勝ち取ってもらえれば取り戻せる可能性が出てくる、というわけです。しかし、どれくらいの金額になるか分かりませんし、誰がどれくらいの金額を入札してくるかはその時々によって全く異なります。また、仮に上手くいったとしても金融機関側が非協力的なことがあるため結果的により苦しい立場になってしまう可能性も出てきます。

 

これらのことから、競売される前に任意売却を検討してベストな方法を模索することが大切です。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る