延滞債務者にならないためにも借入は計画的な利用を心がけよう

消費者金融から借入をしていて、返済が滞っている状態の場合、利用者は「延滞債務者」として扱われます。一度でも延滞債務者として認められてしまうと様々な制約を受けてしまうことになりかねません。また、遅延損害金が発生するため、契約当初に計算していた利息よりもより多くのお金を支払わなくては完済できなくなってしまいます。

 

延滞債務者は「金融事故者」とも言われます。そうなると事故者リストやブラックリストに登録されることになり、新しくキャッシングができなくなったり、ローンを組むことができなくなったりといった状態になりかねません。

 

延滞債務者の定義

どうすれば延滞債務者として認められてしまうのかについて考えてみましょう。延滞債務者は名前の通り返済を延滞している人のことを言います。多くの消費者金融は2ヶ月から3ヶ月にわたって返済がない場合に延滞債務者として認定しているようです。

 

また、連続して2ヶ月から3ヶ月にわたって返済がない場合だけでなく、例えば返済が遅れた回数が合計で3回以上あった、といった場合にも延滞債務者としてみなすこともあるようです。要するに借入をしているにもかかわらず返済に滞りが出てしまった場合は延滞債務者に認定されてしまうリスクが出てくると判断すれば間違いありません。

 

延滞債務者は信用情報に傷がある状態

延滞債務者はどこの消費者金融からどれくらいの借入をしていて、現在いくらくらいの返済の滞りがあるのかが信用情報機関に登録されています。この信用情報機関は本人、そして消費者金融や銀行などの金融機関が閲覧できる個人信用情報に関する記録を集めている機関です。

 

クレジットカードやカードローン、キャッシングの審査を行う際にはいずれの消費者金融も必ず信用情報機関に問い合わせするため、延滞債務者として記録が残っている場合は「この人は過去に何度も延滞している」「この人にお金を貸しても返ってこない可能性の方が高い」と判断されてしまいます。これがいわゆる「ブラックリスト入り」の状態です。延滞債務者として信用情報に傷がついている場合、住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンを利用することもできなくなってしまいますし、当然消費者金融からの借入も難しくなってしまいます。

 

長期延滞の定義とは?

基本的に延滞債務者は「長期延滞」になっている状態の人を表しています。月々の支払いや返済の延滞が一定期間に及ぶと延滞債務者に認定されます。この一定期間についてはそれぞれの消費者金融によって異なるのですが、一般的には3ヶ月以上の延滞が見られた場合に「長期延滞」として取り扱われることが多いそうです。しかし最近では2ヶ月以上延滞が続くと延滞債務者に認定されてしまうこともあるようなので注意するべきです。

 

注意しなくてはならないのはキャッシングやカードローンだけではありません。実は携帯料金や公共料金などについてもこれが当てはまります。ですので、借金の返済だけでなく、様々な面で料金は延滞しないように注意しておきましょう。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る