申込む際に知っておくと便利な情報

収入証明不要で借入できる消費者金融のまとめ

投稿日:

消費者金融

消費者金融のキャッシングやカードローンに申込みする場合、色々と必要書類を用意しなくてはなりません。

しかし最近では本人確認書類だけ用意できれば申込みOKな消費者金融が増えています。とはいえ、希望限度額や現在の収入の状況などによって収入証明書の提出が求められることがあります。

収入証明書は源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などが該当するのですが、これらはすぐに用意できないことの方が多いですよね。

それなら収入証明書無しで利用できる消費者金融の方が手間が少なく、使い勝手が良いといえそうです。そこでここでは収入証明不要で利用できる消費者金融のポイントを紹介します。

収入証明不要の条件

消費者金融に申込みするときに収入証明不要となる条件として挙げられるのは「50万円未満の借入」の場合です。これは貸金業法によって決められていて、普通なら収入証明書を提出しなくてはならないのですが、少ない金額であれば提出しなくても良い、と決められています。

そのボーダーが借入希望額50万円となっています。つまり、50万円未満の借入希望額ならほとんどの消費者金融は収入証明不要で申込みできるようになっています。また、銀行系のカードローンの場合は50万円以上でも収入証明不要で申し込めるところもあります。

具体的に各大手消費者金融の収入証明書が必要になる条件は次の通りとなっています。



  証明書が必要になる条件 種類
アコム 借入希望額50万円以上、もしくは他社借入総額を含めて100万円以上 源泉徴収票の写し、もしくは給与明細の写し(直近1ヶ月分)
プロミス 借入希望額50万円を超える、もしくは他社借入総額を含めて100万円を超える額 源泉徴収票の写し、確定申告書の写し、給与明細書の写し(直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)
新生銀行カードローン レイク 借入希望額100万円以上 源泉徴収票の写し、確定申告書の写し、給与明細書の写し(直近3ヶ月分)
SMBCモビット 借入希望額1万円~800万円 -



これをチェックしてみると、ほとんどの消費者金融は50万円未満の場合は収入証明不要で申込みできることが分かります。しかし注意しておきたいのが他社借入状況によっては収入証明書を提出しなくてはならないということです。

その消費者金融で希望する借入金額+他社借入金額が100万円を超える場合は提出が必須となっていることがほとんどです。

例えば、他社からすでに80万円借入していて、今回は20万円借入したい、という場合は収入証明書が必要です。しかし、80万円借入しているけれど今回は5万円だけ借入したい、という場合は収入証明不要で申込みできる可能性があります。

銀行カードローンは金額が大きい?

消費者金融の場合は50万円未満の場合は収入証明不要でOKですが、銀行カードローンの場合は希望限度額100万円未満の場合まで収入証明不要としているところが多いです。

例えば、

これらは全て希望限度額100万円未満の場合なら収入証明不要で申込みできます。また一部の銀行カードローンは希望限度額200万円未満まで収入証明不要で申込みできるものもあります。

条件によっては希望金額に関係なく提出しなくてはならない

このように消費者金融や各銀行カードローンは主に借入希望金額に応じて収入証明不要、もしくは必要と分かれているのですが、審査の状況によっては収入証明書の提出を求められることがあります。

よくあるケースとしては個人事業主を営んでいる、中小企業の役員を務めている、といったケースが多いようです。サラリーマンのように毎月安定した給料が期待できない職業に就いている方はこういったケースも考えられるので覚えておきましょう。

-申込む際に知っておくと便利な情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.