申込む際に知っておくと便利な情報

限度額増枠はいつ頃から適用される?

投稿日:

消費者金融のカードローンやキャッシングの契約を行うときには最初に「限度額」が設定されます。この限度額は申し込みした人の信用情報をベースとして設定されるもので、必ずしも最初から高額な限度額が設定されるとは限りません。というのも、いきなり大きな金額を借入して返済できないかもしれない、本当に返済できる人なのか判断できない部分があるために50万円以下の限度額に設定されることが多いからです。

しかし人によってはカードローンやキャッシングで最も多くの金額の借入をしたいと考えているでしょう。実はこの限度額というのは増枠することもできます。そこで今回はカードローンやキャッシングでの限度額増枠について紹介していきます。

増枠ができるようになる目安

限度額増枠は自動的に適用される場合と、こちらから申し込みしなくては適用されない場合があります。いずれにせよ「利用実績に問題がない」ことが絶対条件です。借入した分を返済プランに合わせてきちんと返済し続けることによって消費者金融側から信頼されるようになります。何度か繰り返し利用してその都度きちんと返済することができていれば「優良顧客」として認められます。すると「この人は増枠してもきちんと返済できる人だから大丈夫」と判断され、増枠の申し込みが通るようになります。

では具体的にいつぐらいから増額が適用されるのかというと、多くの消費者金融は最短でも6ヶ月以上利用していることが条件となっているようです。必ずしも6ヶ月とは限りませんが、少なくとも契約から半年以内に増枠が適用されることはほとんどありません。近年の傾向をみると1年以上使い続けている人など判定期間を長めに取るところも増えているようです。

いくらぐらい増枠できる?

限度額増枠の申請を行ってどれくらいの増枠が認められるのか、についてですが、ほとんどの消費者金融は10万円ずつ増枠しているようです。人によっては「30万円増枠して欲しい」「50万円増枠して欲しい」と思うかもしれませんが、これはかなりハードルが高いです。限度額増枠は「少しずつ上がっていくもの」だと考えるようにしましょう。また、ある程度限度額増枠を繰り返していると「収入証明証」を提出しなくてはならないケースもあります。特に借入限度額が50万円を超える場合、100万円を超える場合は提出を求められることが多いので用意しておくとスムーズです。

年収の3分の1まで

貸金業法で決められている「総量規制」によって消費者金融から借入できる金額は年収の3分の1まで、となっています。つまり、どれだけ限度額の増枠を繰り返しても最終的には年収の3分の1までしか借入することができないということになります。例えば、年収300万円の人が増枠を繰り返しても限度額は100万円までということになります。もしもそれ以上の金額を借入したいと思うのなら、総量規制対象外となっている銀行や信金のローンを選ぶ必要があります。

限度額増枠の条件

限度枠増額が適用されるためにはいくつかの条件を満たしていなくてはなりません。この条件は消費者金融によって内容が異なることもありますが、基本的には共通するものですのでチェックしておきましょう。

利用実績が良い

限度額増枠では必ず利用実績の履歴が確認されます。どれくらいの頻度で利用しているのか、その都度きちんと返済できているのかを確認します。利用頻度が少ないと増枠が認められないこともあるので、こまめに利用している人の方が有利になる傾向にあります。

他社から借入しない

複数の消費者金融から借入している場合は限度額増枠が認められないケースの方がほとんどです。いくつかの借入をしている=返済能力に問題があるととらえられるからです。ちなみにバレなければ大丈夫だろうと考える人もいるようですが、信用情報機関に登録されるので隠し通すことはできません。新たに借入するくらいなら増枠した方が得になるケースがほとんどです。

情報変更は速やかに届出を

転職したり、引越しをしたり、電話番号が変わったりと本人情報に変更があった場合は速やかに届出しましょう。これは利用規約にも定められていることで、もしも本人情報に変更があったにもかかわらず連絡をとらなかった場合は信用問題に関わってしまいます。逆に速やかに連絡することで信用度が上がることも。

どうすれば上がる?限度額増額のポイント

消費者金融の広告などを見ていると「限度額500万円!」といったキャッチコピーをみかけます。「申し込みすれば500万円まで借入できるんだ」と思うかもしれませんが、これはあくまでも「消費者金融側が融資できる最大の金額」を表しています。実際に利用者が借入できる最大の限度額のことを「利用限度額」と言います。同じ限度額でも意味が違ってくるのでまずはこれを理解しておきましょう。



限度額 消費者金融側が設定した最大融資額
利用限度額 利用者によって異なる融資される最大額


この2種類の限度額が存在しているため「限度額500万円の消費者金融だったのに実際に借入できたのは30万円だった」といったことが発生するわけです。もっとたくさんの借入をしたいと思うなら「限度額増額」をしなくてはなりません。増額することによって、利用限度額をアップさせられます。そこでここでは利用限度額増額のポイントを紹介していきます。

利用限度額はどうやって決まる?

利用限度額は申し込みした時点の審査で決定しています。つまり本人情報によって利用限度額が変化することになります。様々なポイントから限度額を算出しているのですが、やはり大きいのは収入や職業など「返済能力」に関わってくる部分です。返済能力が高いと思われる人の方が利用限度額を高めに設定する傾向にあります。特に公務員、大手企業の社員などは高めに設定されており、アルバイトやパート、自営業者、契約社員など安定感に欠ける職種の人は少なめに設定されがちです。

とはいえ、どのような職に就いている方でも多くは50万円以下からスタートすることがほとんど。その理由として、本当に返済できる人なのかまだ分からないからです。また思っている以上に限度額が低い場合は過去の借入実績でトラブルが見つかった、公的機関への支払いが滞っている、といったケースも当てはまります。

いずれにせよ最初から100万円以上の利用限度額の希望はほとんど通らないと考えた方が無難です。

総量規制の問題

貸金業法によって総量規制という法律が定められていますが、これによって消費者金融から借入できる最大限度額は年収の3分の1までとなっています。つまり、どれだけ増額を繰り返しても年収の3分の1以上の借入は不可能だということです。

消費者金融の限度額が500万円に設定されていた場合、利用限度額を限度額いっぱいにするなら少なくとも年収1500万円以上なくてはなりません。年収1500万円以上の人が消費者金融にお世話になることがあるでしょうか。

例えば20代後半の平均年収である300万円の場合だと利用限度額は最大で100万円まで、ということになります。年収が増えるほど増額のチャンスが広がるとも言えます。

限度額増額のポイント

利用限度額は申し込み時に決められたままではありません。消費者金融側が定期的に見直しをすることもあれば、自分から申請することで増額が認められるケースもあります。

限度額増額をするためにはいくつかのポイントをクリアしていなくてはなりません。逆に言えばどれかひとつでも引っかかっていると増額が認められない可能性も。以下の表をチェックしてみましょう。

一度も遅れずに返済する

一度も遅れずにきちんと返済することは消費者金融から借入する上で絶対のルールです。滞ってしまうと延滞金が発生するだけでなく、信用情報に傷がつくことになります。決められた返済日にきちんと返済できるようにしましょう。

最低で半年以上の利用

利用限度額増額が認められるのは多くの消費者金融は半年以上の利用を条件としています。最近では1年以上に設定するところも多いです。申し込みしてすぐに増額申請をしても基本的には認められません。

届出は迅速に

住所や連絡先、勤務先などに変更があった場合は迅速に届出しましょう。遅れると信用問題に関わってきます。

他社からの借入は絶対にしない

他社から借入していると増額はほぼ不可能です。増額どころか減額の対象にもなりかねないのでお金が必要になったときは他社を利用するのではなくダメ元で増額申請しましょう。

年収を増やす

長期的な増額に結びつく大事なポイントとして年収アップが挙げられます。年収が増えればその分返済能力が高くなるため増額が認められやすくなります。

これらの条件をクリアしていれば増額が認められる可能性が高くなります。

限度額増額は消費者金融側から声がかかる場合もありますが、もちろん任意で申し込みすることもできます。ただし注意したいのが増額の申請をしたにもかかわらず再審査を受けて減額されるケースも存在していることです。返済が滞ってしまったり、他社からの借入を始めたり、転職などで収入が減ってしまうと減額される可能性が高まるので注意しておきましょう。

-申込む際に知っておくと便利な情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.