申込む際に知っておくと便利な情報

もしものときのために消費者金融の契約をするのはあり?

投稿日:

お金の問題はいつ起こるか分らないものです。今は生活に余裕があってもこの先何がきっかけで生活が苦しくなるか分かったものではありません。そこで、もしものときに備えて消費者金融と契約をしておき、急な出費などに迫られた際にすぐ借入できるようにしておこうと考える方もいます。もちろんこの考え方は間違いではありません。消費者金融から借入しようと思ったら「申し込み、審査、契約」というステップを踏まなくてはならないからです。そのときになって審査にパスできるとは限りません。備えあれば憂い無し、ということで、もしものときに備えて契約しておくことは間違いではないように感じられます。

普段は利用しない!

もしものときに備えて消費者金融と契約をするのなら普段は利用しないようにしましょう。1度キャッシングやローンを利用するとその便利さから何度も繰り返し使ってしまい、すぐに返済できるからということでコンビニ感覚で利用する方が多いです。「借金なんだからそんな気軽にするわけがないじゃん」と思っている人もたくさんいるでしょうが、ついつい使ってしまうのが消費者金融のキャッシングやローンの便利さであり、怖いところでもあります。ですのでもしものときのために備えるのであれば普段は絶対に使わないようにしましょう。

たまに使うのはあり

消費者金融は最初の1回だけ利用してあとは全く使わない人のことは優良顧客とは認めません。優良顧客にならないと限度額増額などが認められず、最初に契約した金額だけしか借入できないケースも考えられます。そして多くの方は初回の利用限度額は50万円以下に設定されることがほとんど。そのため、もしものときのためを考えてキャッシングやローンの契約をするのなら、たまに使って、適切に利用し、優良顧客に認められるように動くことも大切です。とはいえ、必要以上に金利や手数料を支払うのは賢い選択とはいえないので、年に一度、半年に一度くらいで十分でしょう。

例えば1万円を30日間借入して、金利が18%だったとします。その場合発生する利息は大体150円くらいです。いつでもキャッシングを利用できるようにしておくための手数料だと考えばそこまで大きな金額だとは感じないでしょう。

増額はできるときにやっておく

利用限度額が少ないと感じたら増額申請をすることもできます。増額が認められれば利用限度額が10万円アップする、といった具合です。何度か増額を繰り返しておけば万が一のときに少しでもたくさんのお金を借入できるようになります。増額はおよそ半年に1回のペースで申請するのが一般的。あまりにも短いスパンで申し込みすると「この人はよほどお金に困っているのか」と判断されかねません。ですので長いスパンでゆっくりと増額を繰り返しておくと良いでしょう。また一定の利用限度額以上借入できるような状態になると収入証明書などを提出する必要が出てくるのでその点も覚えておきたいところです。

即日融資に対応しているため急ぐ必要は無いかも?

最近の消費者金融は即日融資に対応しているところがほとんどです。仮に即日融資は難しかったとしても翌日、翌々日には借入できるようになっています。今からもしものときに備えて契約しておくのも良いのですが、そのときになって契約しても間に合うことは十分考えられます。もちろん、よほどお金に困っている状況になってしまうと審査そのものが通らなくなる可能性が出てきますが、即日融資サービスがあることも視野に入れておきましょう。

-申込む際に知っておくと便利な情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.