申込む際に知っておくと便利な情報

消費者金融で借りたお金をローンの頭金として使える?

投稿日:

住宅ローンや自動車ローンなど色々なローンが存在していますが、これらのうちいくつかは「頭金」が必要になります。頭金というだけあってそれなりにまとまった金額になるため、事前に準備ができていないとなかなか支払うことができず、結局ローンを組むことができなかったというケースも少なくありません。

そうならないようにするためにも、消費者金融からお金を借入して頭金を用意しようという方がいます。実際にいくつかのアンケートを見てみると、頭金を用意できなかったため消費者金融から借入してそれを充てた、という方は少なからずいます。

そこでここでは消費者金融からお金を借りて各種ローンの頭金にする際のポイントや注意点などを紹介していきます。

消費者金融だけで頭金をカバーするのは厳しい?

利用したいローンにもよりますが、住宅ローンの頭金になってくると数百万円かかることも珍しくありません。そうなると、消費者金融から借りたお金だけでは頭金全額カバーするのはかなり厳しいと言わざるを得ません。というのも、消費者金融から借入できる金額は総量規制の関係上年収の3分の1までと決められているからです。例えば、頭金100万円が必要で、それを全て借入でカバーしたい、と思っているのなら、少なくとも年収は300万円以上なくてはならない、ということに。

また、いきなり100万円以上借入できる消費者金融は基本的に存在していません。多くの消費者金融はどれだけ年収が高い人でも、返済能力が高い人であったとしても最初は50万円以下に設定することがほとんどです。当然借入希望額が大きいほど審査の内容も厳しくなるためさらにハードルが上がるといっても過言ではないでしょう。

これらの点から消費者金融だけで頭金全てをカバーするのは厳しいと言わざるをえないのが現状です。もちろん、ある程度頭金に充てる資金は用意してあって、どうしても数万円、数十万円足りない、といった場合なら消費者金融で頭金をカバーするのは有効な手段となってきます。

ローンの条件を確認しよう

ほとんどのローンは消費者金融から借入があっても組むことができます。各種ローンは申し込みの条件を設けているのですが、ほとんどは年収に対する総支払い額が○○%以下であること、といった内容で記載されています。消費者金融で頭金を借入しても申し込みできるのですが、総支払い額が条件よりもオーバーしているときは申し込みできないので事前に計算しておいた方が間違いありません。

また、いくつかのローンは消費者金融を現在進行形で利用していることで審査が通らなくなる場合があります。これはほとんどのローンに当てはまるのですが、すでに借金をしている人は不利になる傾向にあります。多重債務状態になると返済が厳しくなるのはこの世界では常識です。ですので、頭金目的以外ですでに借入している人は完済してから申し込んだ方が良いでしょう。

金利がネックになることも

消費者金融から頭金を用意するとどうしても気になるのが金利の問題です。貸金業法によって上限金利を定めていますが、借入する金額が大きいためトータルの利息はそれなりの金額になってきます。無事にローンを組むことができたらローンの返済+消費者金融への返済になるため利息が大きくなりがちです。

可能であれば頭金は自己資金で用意したほうが良いです。どうしてもすぐにローンを組まなくてはならない、という人以外はあまりおすすめできる方法ではありません。

-申込む際に知っておくと便利な情報

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.