リボ払いは決して楽な返済方法ではない!

消費者金融の返済方式を見てみると、最近ポピュラーな方式の中の一つにリボルビング返済方式があります。リボルビング返済方式とは、借入残高に応じて、皆さんが返済すべき金額を月々一定にするものです。中には数十万円の借入をしても、月々数千円でもOKとしている所もあります。

 

一見すると少額の返済をこつこつしていけばいいので、家計のやり繰りも楽です。しかし全体的に見て楽な返済方式かというと、決してそうではありません。消費者金融の利息は、借入期間中ずっと発生しています。すなわち返済期間が長ければ長いほど、利息の支払いも大きくなってしまいます。

 

なぜ消費者金融がリボルビング返済方式による返済をアピールしているかを考えてみてください。利息の受け取りが多くなる、つまり会社にとって効率的に儲かるからなのです。リボルビング返済方式は返済が楽という先入観を持っているのであれば、その見方を捨て去るべきです。

 

繰り上げ返済の活用

まとまった資金を消費者金融から借り入れているのであれば、とにかく繰り上げ返済を使ってどんどんお金を返していくべきです。消費者金融の利息は、日割りで計算されます。つまり1日でも早く完済して邦画、利息の余計な負担を少しでも軽減できるわけです。

 

繰り上げ返済とは、当初決まっている約定日以外にも返済をするスタイルをさします。消費者金融では随時返済といって、いつでも返済できるシステムをとっています。ですから少しでもお金の出来たときには、消費者金融のATMなどに行って返済の手続きをするように心がけてください。

 

全額返済できなかったとしても、利息は残高をベースにして算出されます。少しでも元金を繰り上げ返済によって返済できていれば、その分利息の支払い負担も軽減できるわけです。お金ができたら優先的に借金返済に回すのが、負担を最小限にして完済を目指すための2つ目のコツだと思うべきです。

 

金利で返済順位を決める

最後のポイントは、複数の借入先のある人のためのもので複数の所で借入している場合の返済方法です。複数の借入先のある場合には、金利を比較することです。金利を比較して、高利の借金を優先的に返済するように心がけてください。そこで現在借入のある消費者金融の金利をすべて見直すことです。

 

高金利の所の借入期間が長引けば、それだけたくさんの利息を支払わないといけなくなります。ですから金利の高いものから順番に返済をすれば、金利を無駄に支払うことなく、より早く完済できる可能性も高まります。

 

「あそこの消費者金融の担当者は優しいから」とか「あの消費者金融とは長い付き合いだから」といって返済順位を決めている人も多いです。しかし利息を最小限に返済するのが最も賢明な返済方法なので、金利を比較して優先順位を決めてください。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る