アイフルはパートやアルバイトにやさしい?

収入が少なくても積極融資している消費者金融

アイフルはテレビコマーシャルでもしきりに宣伝しているので、知っている人も多いはずです。アイフルの審査情報をインターネットで見てみると、収入の多少よりも信用情報を重視している傾向が見られます。信用情報には現在の借入状況や返済履歴が書かれています。

 

信用情報の中で、延滞があるとか悪質な長期滞納の情報がある、債務整理の事故情報が書かれている人はまず審査に受からないと思ってください。たとえそれなりの収入を稼いでいる人でも、審査で落とされる可能性は十分あります。

 

逆に信用情報に傷のない人であれば、多少収入の少ない人でも積極的に融資しています。パートやアルバイトであっても、信用情報に傷がなく、レギュラーで仕事をしていれば審査通過できる公算は高いです。ただし短期バイトのような職場をコロコロ変えているような人は、収入の安定性のなさから審査で落ちる可能性があります。

 

他社借入の審査は厳しく

すでに他社に借り入れがあって、新たにアイフルで申し込みするのであれば、審査は厳しくなると思ってください。ちなみにどのくらいの消費者金融から、どの程度の借金があるかは信用情報にすべて登録されています。申込書に他社借入を記入する欄がありますが、うそをついてもばれます。

 

借入金額ももちろん重要ですが、借入件数の方がむしろ重視される傾向があります。アイフルの場合、3社の借り入れがあれば受かるかどうかはかなり微妙だと思ってください。4社以上に借り入れがあれば、まず審査はクリアできないと思うべきです。

 

ただし住宅ローンやオートローンの借入であれば、それはあまり審査の中では重視されません。特に住宅ローンの場合、何千万という金額の融資になります。

 

それだけのローンを組めているということは、それだけ信用力のある人とみなされます。むしろ住宅ローンの借入のある人は、審査でプラスに働く可能性すらあります。ただし借金に借金を重ねますので、今まで以上に返済計画を綿密に立てる必要があります。

 

申込書の記入には注意

アイフルの審査は上で紹介したようにポイントさえ押さえていれば、それほど審査が厳しいというほどではありません。しかし中には審査否決になったけれども、思い当たる節がないという人もいるようです。そのような人はもしかすると申込書に何らかの不備のあった可能性が考えられます。

 

たとえば申込書の中に、誤字・脱字があったとか、字が汚くて読めない状態だったで確実な情報が相手に伝わらず否決されるケースも中にはあります。また必要事項に空欄を作ると正確な審査ができないので、審査否決になるケースもあります。

 

特に誤字・脱字はWEB申込をする時には注意です。結構入力ミスをしていても気が付かない人が多いです。申込書の作成が終わったら、いったん内容を見直して、書き残している所はないか、書き間違いをしている所はないか確認することです。アイフルのスペックは以下のようになるので、借り入れ前にチェックしておきましょう。

 

アイフルの借入条件
借入限度額 最高500万円
金利 4.5% 〜 18.0%
審査スピード 最短30分
レディースキャッシング

 

アイフルのカードローン・公式サイトへ行く

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る