テレビCMなどでお馴染みのアイフル

コマーシャルなどでおなじみのアイフルはもともと30代、40代の男性を中心に利用されていましたが、最近では女性用の「レディースアイフル」という商品も認知度が増し、女性の利用も多くなっています。

 

使用できるATMも三菱東京UFJ銀行、イオン銀行をはじめとして多く、コンビニのATMでも利用できるので大変利便性もあり、初めてのご利用で緊張している方も安心して借り入れができるように対応が非常に丁寧なのも、徐々に人気が高まってきた要因だと思われます。

 

>> アイフルのカードローン・公式サイトへ行く

 

 

そして、金利の高い所から借り入れを変更をしたり、何社かでローンを組んでいたのをアイフル1本にまとめるなど、よその業者からアイフルに変更する利用者も増えております。また、法人や自営業者などを対象にしたビジネスローンなどもありますので、様々な方が利用しております。

 

業界内でもトップクラスの低金利で安心!

どうせ借りるなら金利が低い方がいいと考えるのは当然のことだと思います。アイフルは4.5%〜という業界内でも低い金利なので、安心して利用できます。金利が低いというのは、とても魅力的ではないでしょうか。融資額も300万円までと広く、手続きもわずらわしさがなく済むので、忙しい方にも利用することができます。

 

主婦や学生などでも借り入れできます!

アイフルのもうひとつの魅力は、借り入れできる対象者の幅広さだと言えます。堅実な企業に勤める高給与所得者や安定した業績の自営業者だけでなく、一般にローンの審査が通りにくいといわれる主婦や学生でも利用できる可能性があるのです。たとえ主婦や学生でもパート・アルバイトなど定期の安定した収入があり、アイフルの示す返済の基準に達していれば、収入額に関わらず、借り入れが可能となっております。

 

審査などの手順

審査はパソコンからの申し込みなら、最短30分という速さで済みますので、必要なときにすぐ借り入れが可能なのです。まず、メール、電話などで審査結果を知らされます。
その後、本人確認書がFAXか郵送で送られてきます。お急ぎならFAXなどで対応するとよいでしょう。

 

アイフルのカードローン・公式サイトへ行く

アイフルにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

大手消費者金融アイフルのキャッシングには、主に以下のようなメリットがあります。

 

初回限定で30日間の無利息期間サービスが適用されます!

 

近年では無利息期間サービスの提供を行うキャッシングが増えているのですが、アイフルでも無利息期間サービスの提供を平成28年2月28日から開始しています。アイフルが提供する無利息期間サービスはアイフルの利用が初めての人が対象であり、適用される無利息期間は30日です。

 

アイフルの利用については通常のキャッシングの利用が対象であり、おまとめローンの「おまとめMAX」や「かりかえMAX」は利用の対象外になります。また30日間の無利息期間はアイフルの契約の翌日から適用されますので、契約が完了したらすぐに必要な金額の借り入れを利用するようにしましょう。

 

即日融資を来店不要で利用することができます!

 

アイフルでは店舗や自動契約機に足を運ばなくても、即日融資を利用することができます。ただし初回の融資は銀行口座への振込入金により行われますので、即日融資を受けるためには銀行の営業時間内(平日15時まで)に入金手続きが完了することが必要になります。インターネットまたは電話から申し込むことができますので、時間に余裕を持ってできるだけ早めに申しこむようにしましょう。

 

「おまとめMAX」は低金利で利用できるおまとめローンです!

 

アイフルではおまとめ専用ローンとして、「おまとめMAX」や「かりかえMAX」の提供を行っています。いずれも複数の借り入れをおまとめをひとつにまとめて返済しやすくすることを目的としたローン商品であり、貸金業法が定める例外に該当しますので総量規制は適用されません。

 

年収の3分の1を超える金額の借り入れが認められますし、特にアイフルの利用経験者を対象としたおまとめMAXであれば、最高で500万円までの借り入れが可能になるのです。年率12.0%〜15.0%の低金利が設定されていますので、複数の借り入れを利用している人はおまとめMAXやかりかえMAXの積極的な活用を検討してみてください。

 

アイフルのカードローン・公式サイトへ行く

 

女性専用ダイヤル(レディースアイフル)を利用することができます!

アイフルでは女性専用ダイヤルのレディースアイフルを利用することができます。専用の女性スタッフが申し込みや質問などに対応しますし、さらに借り入れ希望額が50万円までであれば審査の結果は30分で判明します。

 

レディースアイフルは女性専用ダイヤルですから、利用できるのは女性のみとなります。ただし金利や借入限度額などについては通常のアイフルへの申し込みと同様になりますし、さらに自分自身の収入がない専業主婦の場合にはアイフルに申し込むことはできません。

 

アイフルにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

次はアイフルのデメリットについて、詳しく確認してみましょう。

 

金利条件は若干割高になります!

 

アイフルで適用される金利条件は4.5%〜18.0%であり、これは消費者金融系キャッシングとしては平均的な金利条件だといえるでしょう。ただし銀行系キャッシングと比較した場合には、若干割高だといえるかもしれません。

 

例えば三菱東京UFJ銀行が提供するキャッシングである「バンクイック」では、金利条件は1.8%〜14.6%が設定されています。最も高い金利である上限金利で比較すると、3.4%の金利の違いがあるのです。できるだけ低金利でキャッシングを利用したいという人は、低金利が設定された銀行系キャッシングへの申し込みを検討してみてください。

 

返済時に手数料の支払いが必要になる場合があります!

 

アイフルでは様々な返済方法を利用することができるのですが、返済方法によっては手数料の支払いが必要になる場合があります。特に提携ATMを利用する場合にはATM利用手数料が請求されますので、提携する銀行やコンビニなどのATMを利用する際にはくれぐれも注意が必要です。アイフルの自社ATMのご利用であれば手数料無料になりますが、設置してる台数が500台程度なので地方などの場合は利用が限られることになります。

 

さらにインターネットバンキングの利用ができないことも、アイフルのデメリットだといえるでしょう。他社の場合には手数料無料で24時間365日いつでも利用することができる、ペイジー(Pay-easy)というインターネット支払いシステムに対応していることが多いのですが、アイフルでは残念ながらペイジーには対応していません。

 

経営が不安定だという意見があります!

 

アイフルは事業再生ADRを申請して、2009年に債務整理を行いました。その後経営の立て直しに励んでいるのですが、消費者金融業界全体が不景気であることなどにより、いまだに十分な成果は上がっていないようです。

 

従来の大手消費者金融業者の大半は、現在は銀行の傘下に入っています。銀行のグループ会社や子会社になったり、あるいは買収されて銀行のキャッシングのブランド名になったりしているのです。

 

アイフルは数少ない独立系消費者金融として営業を続けているのですが、同業他社と比較すると資金面経営面で若干の不安が残るようです。

 

次はアイフルの金利利用限度額などについて、さらに詳しく確認してみましょう。

 

アイフルの公式サイトはコチラ

アイフルで適用される金利条件は?

アイフルでは利用者ごとに利用限度額を審査により決定し、決定した利用限度額に応じた利率が適用されることになります。例えば利用限度額が300万円、適用される金利が4.5%であれば、実際に借り入れるのが5万円であっても100万円であっても金利4.5%が適用されるのです。

 

利用限度額が大きくなれば適用される金利が低くなり有利になるのですが、アイフルに初めて申し込む人の場合には少額の利用限度額からスタートすることがほとんどになりますので、通常は最も高い上限金利が適用されることになります。キャッシングを比較・検討する場合には、特に上限金利を重視して選ぶようにしましょう。

 

アイフルの金利条件は消費者金融系キャッシングとしては平均的なものであり、現在の大手消費者金融系キャッシングの金利条件は各社ともほぼ横並びとなっています。ただし銀行系キャッシングであればさらに低金利で利用することができますので、できるだけ低金利でキャッシングを利用したいという人は銀行系キャッシングへの申し込みを検討してみてください。

 

アイフルで認められる利用限度額は?

アイフルで認められる利用限度額は、最大で500万円までとなります。これは消費者金融系キャッシングとしてはかなり大きな金額となりますので、一般的な個人であれば利用限度額に不満を感じることは少ないはずです。

 

ただし実際の利用限度額は審査により個別に決定されることになりますし、さらに消費者金融であるアイフルには貸金業法に基づく総量規制が適用されますので、借り入れが認められる限度額は最大で年収の3分の1までに制限されることになります。

 

たとえば500万円の借り入れが認められるためには、年収は1500万円以上が必要になるのです。日本人の平均的な給与所得は439万円となっていますので、アイフルが設定している最大500万円の利用限度額は十分すぎる金額だといえるのではないでしょうか。

 

アイフルの公式サイトはコチラ

 

アイフルへの申し込み方法は?

 

アイフルに申し込むための方法について、さらに詳しく確認してみましょう。

 

アイフルには以下の方法で申し込むことができます。

 

  • インターネット(パソコン・スマートフォン・携帯電話など)による申し込み
  • 電話による申し込み
  • 自動契約機(契約ルーム)による申し込み
  • 店頭窓口による申し込み

 

インターネット・電話からの申し込むことができます!

 

申込み方法

 

インターネットまたは電話でアイフルに申し込んでください。

 

審査結果の通知は?

 

審査の結果は電話またはメールで、アイフルから通知されます。

 

必要書類の提出は?

 

アイフルに申し込む際には、本人確認ができる書類を提出することが必要です。書類はメール・郵送・ファックスなどで提出してください。大きな金額の借り入れを希望する場合などには、さらに収入が証明できる書類の提出が必要になります。

 

契約手続きは?

 

アイフルとの契約手続きはインターネットホームページ上で行うか、あるいは自動契約機店舗などに足を運んで行うことになります。

 

借り入れの方法は?

 

申し込みの際に申請した銀行口座への振り込み入金か、あるいはキャッシングカードをATMで利用して必要な金額を引き出すことにより、アイフルからの借り入れを利用することができます。

 

自動契約機・店頭窓口からの申し込むことができます!

 

すぐにお金が必要な場合などには、自動契約機または店頭窓口で契約手続きを行う方法がおすすめです。手続きの際には本人確認ができる書類が必要になりますので、忘れずに持参するようにしてください。

 

申込み方法は?

 

自動契約機または店頭窓口に足を運んで、直接申し込んでください。

 

審査結果の通知は?

 

審査の結果はその場で通知されます。

 

必要書類の提出は?

 

必要な書類はその場で提出してください。アイフルに申し込む際には、本人確認ができる書類を提出することが必要です。大きな金額の借り入れを希望する場合などには、さらに収入が証明できる書類の提出が必要になります。

 

契約手続きは?

 

審査に通過することができたら、その場で契約手続きを行ってください。

 

借り入れの方法は?

 

申し込みの際に申請した銀行口座への振り込み入金か、あるいはキャッシングカードをATMで利用して必要な金額を引き出すことにより、アイフルからの借り入れを利用することができます。

 

以前のアイフルでは「お自動さん」という名称の自動契約機を設置していたのですが、現在は名称が変更され「無人契約でんわBOXてまいらず」となっています。画面の指示に従えば誰でも簡単に操作を行うことができますし、またわからないことがあれば備え付けられた電話でオペレーターに直接相談をしながら操作を行うこともできます。アイフルの自動契約機は機械が苦手な人でも、安心して手軽に利用することができるのです。

 

アイフルの公式サイトはコチラ

 

審査のために必要な時間は?

アイフルに申し込んだ場合にはすぐに審査が開始されるのですが、審査のために必要な時間は通常は30分から1時間程度になります。ただし申し込みが混雑している場合などには、さらに時間がかかることもあるようです。21時までの申し込み(土日祝日を含む)であれば、原則として当日中に審査の結果が通知されます。

 

すぐにお金が必要な人や、できるだけ早く融資を受けたいという人は、自動契約機または店頭窓口で申し込んでください。自動契約機または店頭窓口から申し込んだ場合には、最短30分で審査の結果が判明します。自動契約機は夜22時までの営業(土日祝日を含む)となっていますが、店頭窓口は18時までの営業(平日のみ)となっていますので、余裕を持って早めに足を運ぶようにしましょう。

 

融資を受けるために必要な時間は?

アイフルではすべての申し込み方法について、即日融資に対応しています。できるだけ早く融資を受けたいという場合にはインターネットまたは電話から申し込みをして、自動契約機または店頭窓口に足を運んで契約を行う方法を検討してみてください。その場でキャッシングカードの発行が受けられますので、併設されたATMや提携するコンビニのATMなどを利用してすぐに借り入れを行うことができます。

 

自動契約機や店頭窓口に足を運ぶことができないという場合には、インターネットまたは電話で契約手続きを行うことで、銀行口座への振込入金で融資を受けることができます。ただし銀行の営業時間終了後に入金の手続きが行われた場合には、銀行口座に入金が反映されるのは翌営業日以降となりますので、即日融資を確実に受けたいのであれば平日の14時頃までにすべての手続きを完了させるようにしてください。

 

アイフルのカードローン・公式サイトへ行く

アイフルではお試し審査のサービスを提供しています!

アイフルではお試し審査である「1秒診断」のサービスを提供しています。基本的な情報である「年齢」「年収」「雇用形態」「他社借り入れの金額」の4つの条件を入力するだけで、融資の可否を手軽に判断することができるのです。

 

必要な情報を入力して1秒診断に申し込むと、すぐに「ご融資が可能だと思われます」か「当社の規定によりお借入れはできません」のいずれかが表示されます。前者が表示されば本審査にも通過できる可能性が高くなりますが、後者が表示された場合には本審査に通過することは難しいかもしれません。

 

ただし1秒診断はあくまでも基本的な情報に基づく簡易的な診断になりますので、1秒診断の結果と本審査の結果が異なる場合などもあります。1秒診断は本審査への申し込みを検討するための目安として活用してみてください。

 

アイフルで利用することができる借入方法は?

アイフルでは、以下の2通りの借り入れ方法を利用することができます。

 

  • インターネットまたは電話からの振り込み入金の依頼による借り入れ方法
  • アイフルの自社ATMまたは提携ATMによる借り入れ方法

 

振り込み入金についてはあらかじめ指定した銀行口座への入金をインターネットまたは電話から依頼することができますので、手軽で簡単な借り入れ方法だといえるでしょう。振込先となる銀行口座については、基本的にはすべての金融機関を利用することができますし、手数料も無料で利用することができます。

 

ただし銀行の営業時間終了後に振込入金を依頼した場合には、入金が銀行口座に反映されるのは銀行の翌営業日以降になりますので、即日融資を確実に受けたいのであれば平日14時頃までに振り込みの依頼を完了させるようにしてください。あるいはATMを利用する方法であれば、銀行の営業時間終了後でも即日融資を受けることができます。

 

アイフルの契約をすると、ATMで利用することができるキャッシングカードが発行されます。キャッシングカードを利用すれば認められた利用限度額の範囲内で、何度でも自由に借り入れを利用することができるのです。アイフルでは自社ATMを日本全国に設置していますので、土日祝日を含めて7時から23時まで手数料無料で利用することができます。

 

ただしアイフルの自社ATMの数は日本全国に500台程度となっていますので、自宅などの近くにアイフルのATMが設置されていない場合があるかもしれません。アイフルでは自社ATMだけではなく様々な提携ATMを利用することができますので、以下の銀行コンビニなどのATMの活用を検討してみてください。主な提携ATMは以下のとおりとなります。

 

  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • 熊本銀行ATM
  • 福岡銀行ATM
  • セブン銀行ATM(セブンイレブンなど)
  • ローソンATM(ローソンなど)
  • イーネットATM(ファミリーマートなど)
  • イオン銀行ATM

 

提携銀行の種類は若干少なめとなりますが、主要なコンビニのATMを利用することができますので実際の利用に困ることは少ないはずです。ただし提携ATMを利用する場合には108円または216円の利用手数料の支払いが必要になりますので、手数料の負担にはくれぐれも注意をしてください。

 

アイフルのカードローン・公式サイトへ行く

 

アイフルではおまとめローンを利用することはできるのでしょうか?

アイフルでは複数の借り入れをひとつにまとめて返済をしやすくする、おまとめローン専用商品の提供を行っています。おまとめMAXはアイフルの利用経験がある人向けのおまとめローンであり、一方のかりかえMAXはアイフルを利用したことがない人向けのおまとめローンになります。

 

おまとめMAXもかりかえMAXもいずれもおまとめローン専用商品ですから、借り入れの限度額を最大で年収の3分の1までに制限する総量規制の適用対象外になります。ただしおまとめローン専用の商品であるため、おまとめ以外の目的に借り入れた資金を利用することは認められません。

 

特におまとめMAXには低金利が設定されていますので、アイフルの利用経験がある人には積極的な活用をおすすめしたいと思います。現在の借り入れの金利条件が15%以上の人の場合には、おまとめMAXを利用すれば金利の負担を大きく軽減することができるはずです。

 

一方のかりかえMAXでは借り換えローンとしては若干高めの金利が設定されていますので、実際に利用をしてもメリットは少ないかもしれません。アイフルの利用経験がない人の場合には、他社が提供する借り換えローンへの申し込みについても検討してみてください。

 

アイフルでは無利息期間サービスを利用することはできるのでしょうか?

無利息期間サービスはあらかじめ設定された一定の期間内について、利息の負担なしでキャッシングを利用することができるサービスです。アイフルでは「アイフルを初めて利用する人」で「通常のキャッシングローンを利用する人」を対象として、30日間の無利息期間サービスを提供しています。

 

無利息期間サービスを活用すれば、返済の負担を大きく減らすことができます。例えば10万円を金利18%の条件で借り入れて合計12回で返済する場合には、通常の場合には支払利息の総額は9873円になります。一方で無利息期間サービスを利用することができれば初回分の利息が無料となりますので、支払利息の総額を8135円に減額することができるのです。1738円分の利息の負担を減らすことができますので、無利息期間サービスはお得なサービスだといえるでしょう。

 

借り入れ全額を無利息期間内に返済してしまえば利息の負担は0円になりますので、少額の借り入れを希望する人も無利息期間サービスの積極的な活用を検討してみてください。ただしアイフルでは契約日の翌日から30日間の無利息期間サービスが適用されることになりますので、アイフルの契約が完了したらできるだけ早めに必要な金額を借り入れることをおすすめしたいと思います。

 

アイフルの公式サイトはコチラ

 

アイフルで利用することができる返済方法は?

アイフルの返済方法としてはATM返済が手軽で簡単なのですが、提携する銀行やコンビニなどのATMを利用した場合には108円または216円利用手数料が請求されることになります。アイフルの自社ATMであれば手数料無料で利用することができるのですが、アイフルの自社ATMの設置台数は日本全国で500台程度となっていますので、自宅などの近所では利用できない場合などがあるかもしれません。

 

ローソンやファミリーマートなどが設置しているマルチメディア端末を利用して返済を行うこともできるのですが、こちらについても提携ATMと同じように利用手数料が請求されます。またアイフルが指定する銀行口座への振込入金により返済を行う方法も同様です。

 

利用手数料の負担なしで返済を行いたいという場合には、手数料無料で利用することができる口座振替による返済方法を活用しましょう。一度手続きを行えば自動的に返済の手続きが行われますので、返済忘れを防ぐためにも役立ちます。ただし口座残高が不足している場合には返済の手続きは行われませんので、口座の残高を定期的に確認するようにしてください。

 

ちなみにアイフルでは、インターネット支払いシステムである「ペイジー(Pay-easy)」を利用することはできません。ペイジーを利用することができればインターネットからいつでも手数料無料で返済の手続きを行うことができますので、将来の導入を期待したいところですね。

 

アイフルの返済期日は?

 

アイフルでは返済の期日を、毎月決まった日に返済する約定日制と、35日ごとに返済を行うサイクル制のいずれかから選択することができます。約定日制の場合には毎月返済を行う決まった日を指定することができますし、返済日直前の10日間であればいつでも返済を行うことができます。

 

またサイクル制の場合には35日ごとに返済日が設定され、返済日の前であれば基本的にはいつでも自由に返済を行うことができます。特にサイクル制では月々の返済日がわかりにくくなりますので、ついうっかりなどによる返済忘れに注意をしてください。

 

繰り上げ返済を活用することはできるのでしょうか?

 

アイフルでは通常の返済(約定返済)以外に、繰り上げ返済一括返済などの任意返済を活用することができます。繰り上げ返済や一括返済はATMや振り込みなどの方法で行うことができますので、返済に余裕があれば積極的に活用してみてください。

 

アイフルではどのような返済方式を採用しているのでしょうか?

アイフルでは「残高スライド元利定額リボルビング方式」を、返済方法として採用しています。残高スライド元利定額リボルビング方式は毎月の返済額が借り入れ額により決定される返済方式であり、例えば100万円を借り入れた場合には月々3万円の返済を完済まで継続することになります。

 

月々の返済額は利用した借り入れの金額に応じて決定されるのですが、追加の借り入れを利用した場合には月々の返済額の再設定が行われることに注意が必要です。例えば150万円を借り入れた場合には月々の返済額は3万5千円になるのですが、返済を続けて借入残高が80万円まで減少したした時点で追加で20万円を借り入れた場合には、借入残高の合計100万円に基づいて月々の返済額は3万円に変更されるのです。

 

月々の返済額が減少すると毎月の返済は楽になるのですが、一方で返済期間が延びて利息の負担が増加しますので、返済総額が増えてしまうことになります。月々の返済額は「返済が必要になる最低金額」ですから、返済に余裕があれば多めの金額を返済したり、また繰り上げ返済や一括返済などを積極的に活用することを検討してみてください。

 

アイフルの公式サイトはコチラ

 

 

アイフルで利用することができるATMや店舗の数は?

 

アイフルでは日本全国に自社ATM自社店舗を設置していますし、さらに提携する様々な銀行やコンビニなどのATMを利用することができます。

 

提携ATMの数は?

 

アイフルで利用することができる提携ATMの数は、2013年6月の時点で77803台となっています。これはアコムで利用することができる10万台よりは少ないのですが、実際の利用においては十分な数だといえるはずです。ただし提携ATMを利用した場合には利用手数料が請求されますので、提携ATMを頻繁に活用する人は手数料の負担に注意をしてください。

 

消費者金融系キャッシングでは提携ATMを利用する際に利用手数料が請求されることが多いのですが、一方の銀行系キャッシングでは利用手数料無料で提携ATMを利用できることが一般的となっています。例えば新生銀行レイクのキャッシングでは自社ATMも提携ATMも手数料無料で利用することができます。アイフルでは自社ATMであれば手数料無料で利用することができるのですが、設置台数が500台程度に限られていますので、地域などによっては利用することが難しいかもしれません。

 

自社店舗の数は?

 

アイフルでは日本全国25カ所に、自社店舗(有人店舗)を設置しています。対面方式で担当者に相談をしながら申し込むことができますので、アイフルへの申し込み手続きなどに不安を感じるという人には店頭窓口からの申し込みをおすすめしたいと思います。

 

自動契約機の数は?

 

アイフルでは無人で契約などの手続きができる自動契約機を、日本全国に設置しています。自動契約機を活用すればその場でキャッシングカードが発行されますので、即日融資をスピーディーに利用することができるのです。ただし設置台数は625台となっていますので、やはり地域などによっては利用することが難しいかもしれません。

 

利用目的などに合わせて最適なキャッシングを選んで上手に活用しましょう!

 

今回はアイフルの優れている点や劣っている点などを様々な特徴から検証してみましたが、いかがでしたでしょうか。アイフルには様々なメリットデメリットなどがありますので、利用目的などに合わせて上手に活用しましょう。今回ご紹介した記事を、キャッシング選びのために積極的に役立ててみてください。

アイフルのフリーキャッシング・ローンの概要

インターネットから簡単・便利に申込手続きが完了できる来店不要のカードローンがアイフルです。アイフルの審査期間や金利の比較、利用限度額、年率などのサービス概要を一覧表で紹介します。また、アイフルのカードローンの金利は、時点のものとなります。

 

審査期間 最短30分
利用限度額 最高500万円
実質年率 4.5%〜18.0%
借入方法 ・ATMからの借入

・インターネットや携帯、フリーコールを利用した振込サービス

・アイフル窓口からの借り入れ

ローンの条件・概要 20歳以上65歳以下
返済方法 ・アイフル

窓口からの返済

・ATM経由での返済

・自動支払い(口座からの引落)での返済

・インターネット経由での返済

アイフルのカードローン・公式サイトへ行く

アイフルを徹底レビューしてサービス内容を丸裸にします!! / 消費者金融エスプレッソ記事一覧

収入が少なくても積極融資している消費者金融アイフルはテレビコマーシャルでもしきりに宣伝しているので、知っている人も多いはずです。アイフルの審査情報をインターネットで見てみると、収入の多少よりも信用情報を重視している傾向が見られます。信用情報には現在の借入状況や返済履歴が書かれています。信用情報の中で、延滞があるとか悪質な長期滞納の情報がある、債務整理の事故情報が書かれている人はまず審査に受からない...

このページの先頭へ戻る