完済後のキャッシングにはATMの条件をしっかりと確認すべし!

現在の消費者金融は借り入れの申し込みをして、審査の結果融資可能ということになれば、ローンカードが発行されます。このローンカードを使って取引をすれば、いつでも必要な時に借り入れできます。通常のローン申し込みであれば、ローン完済後、また借入の必要が生じた場合、また一から申し込み手続きをして審査を受けないといけません。
しかし消費者金融をはじめとしたカードローンであれば、カードを使ってすぐに借り入れ可能です。つまり申込や審査の手続きを経る必要がないのです。

 

ちなみにカードローンの場合、それぞれの信用力に応じて借入限度額が設定されています。この借入限度額の枠内であれば、いつでも借り入れが可能です。ちなみに前回の債務がまだ返済し終わっていなかったとしても、再度借り入れは可能です。ただし頻繁に借り入れと返済を繰り返していると、結局どのくらいの借金があるのか見えにくくなってしまいます。しっかりと自分の借金の状況は管理しておいてください。

 

有効期限に注意する

頻繁に消費者金融で借り入れをしている人ならいいですが、中には一回借り入れをして完済して、しばらく期間が経過している人もいるでしょう。そしてまたお金が必要になったので、前回借入した消費者金融をまた利用したいと思っていませんか?

 

その場合でも、ATMを使ってカードによる手続きをすることは可能です。ただしローンカードもクレジットカードと同様、カードに有効期限が設定されています。その有効期限をオーバーしていないかどうか確認をしておいてください。もし有効期限切れになったカードを使っても、借り入れの手続きはできません。

 

クレジットカードと同様、有効期限切れになる前に新しいカードが発行されているはずです。どこかにその新しいカードがないかどうか確認をしておいてください。もし新しいカードを紛失してしまったのであれば、また最初から消費者金融で借り入れの申し込みをする必要があります。

 

ATMの利用状況を確認する

カードローンは自分の預金口座から現金を下ろすのと同じような感じで、借り入れができます。現在の消費者金融は大手の所を中心として、日本全国にATMを設置しています。加えて、提携ATMも増やしているので、ますます利便性が高まってきています。

 

最近では金融機関やコンビニと提携して、それぞれのATMが利用できるようになっています。コンビニなどは24時間営業しているので、深夜でも早朝でもお金に困った際にはすぐに借り入れできます。

 

ただしコンビニや銀行ATMを利用する場合には、利用手数料がかかることも多いので注意が必要です。1万円以下で100円、それを越える取引だと200円プラス消費税がかかるのが一般的です。以下で主要消費者金融のATMの利用状況を一覧にしておきました。参考にしてみてください。

 

  コンビニATM  三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 手数料
アコム 自社ATMは無料、他は有料
プロミス 自社ATMは無料、他は有料
モビット × すべて有料

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る