専業主婦でも利用できるイオン銀行カードローンBIG

イオン銀行には、さまざまな融資があります。例えば、インターネットに限定したおまとめローンの性質をもつ「イオンアシストプラン」は、複数のカードローンを利用している人にとって魅力的なものとなっています。一方、これまでカードローンを利用することが難しかったような専業主婦の人でも利用できるカードローンとして、「カードローンBIG」があります。

 

>> イオン銀行カードローンBIGの詳細ページへ

 

カードローンBIGは、原則として本人に安定的で将来にわたって決まった収入があるということが必要となりますが、本人に収入がないような専業主婦であっても、場合によっては利用可能となっています。専業主婦の場合には、配偶者の人に収入があるということが必要となります。また、限度額は低くなってしまいます。カードローンBIGの限度額は最大で800万円まで可能となっていますが、専業主婦の場合には50万円となります。

 

最大の限度額と比較するとやや低く感じるかもしれませんが、他のカードローンでは自分に収入がない専業主婦の人はなかなか利用できないケースもありますので、十分であるともいえるでしょう。

 

このように専業主婦の人も申込み可能なカードローンである点には、イオン全体として主婦のお客さんが多いということが背景にあるでしょう。元々強みがある主婦のお客さんへのサービスに力を入れていくということは自然なことです。

 

専業主婦以外の人でも、カードローンBIGにはメリットがいくつかあります。一つは銀行であるために総量規制の制限を受けないという点です。もう一つは、金利がやや低めに設定されているので、利用しやすいものとなっているでしょう。

 

カードローンBIGの特徴とおすすめポイント

収入証明書は300万円まで不要

300万円までならば原則として収入証明書が必要ありません。面倒な書類の準備が必要ないということは大きなメリットでしょう。また、申込み方法によっては、早い場合であれば当日に利用開始することができます。

 

返済の負担を軽減

毎月の返済は最低金額が高ければ負担が大きなものとなってしまいます。しかし、毎月の返済額は3,000円からとなっていますので、負担が軽減されます。無理なく返済していけるようになっていますので、安心です。

 

総量規制の制限なし

イオン銀行はその名のとおり銀行ですので、総量規制の対象となりません。したがって、年収の3分の1という制限を受けないために、大きな金額の借入を行うことができます。また、専業主婦で収入がないという人であっても、配偶者に収入がある場合には利用可能となっています。

 

イオン銀行カードローンBIGの公式サイトへ行く

イオン銀行カードローンBIGにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

イオン銀行が提供するキャッシングサービスであるイオン銀行カードローンBIGには、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

低金利で利用することができます!

 

低金利で利用できることが、イオン銀行カードローンBIGの大きな特徴です。イオン銀行カードローンBIGでは、金利条件として3.8%〜13.8%が設定されいます。一般的な消費者金融系キャッシングでは上限金利は18%程度、一般的な銀行系キャッシングでは上限金利は15%程度に設定されていますので、かなりの低金利だといえるでしょう。

 

低金利で利用することができるイオン銀行カードローンBIGであれば利息の負担を軽減することができますので、返済総額を減らして早期の完済を目指すことができるのです。

 

24時間いつでも借り入れを利用することができます!

 

さらにイオン銀行カードローンBIGは、24時間365日の借り入れに対応しています。インターネットバンキングまたはATMを活用すれば、24時間いつでも借り入れを利用することができます。

 

インターネットバンキングを活用すれば、24時間いつでもイオン銀行の口座への振込入金による借り入れが可能になります。またイオン銀行のATMは24時間営業となっていますし、利用手数料無料で借り入れを利用することができます。ただしイオン銀行ATMがイオン店舗内に設置されている場合には、イオン銀行ATMの営業時間はイオン店舗の営業時間内に限られることなります。

 

イオン銀行カードローンBIGの公式サイトはコチラ

 

イオン銀行カードローンBIGにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

イオン銀行カードローンBIGのデメリットについても、具体的に確認してみましょう。

 

利用するためにはイオン銀行の口座開設が必要です!

 

イオン銀行カードローンBIGはイオン銀行の普通預金口座を開設していることが利用条件となっていますので、口座を持っていない人の場合にはイオン銀行カードローンBIGへの申し込みと同時にイオン銀行口座の開設を申込むことが必要です。

 

口座の開設には数日程度の期間が必要になりますので、実際に借り入れが利用できるのは早くても4日〜5日後ということになります。

 

審査にはある程度の時間が必要になります!

 

イオン銀行カードローンBIGの審査については、ある程度の時間がかかることがあります。平日の14時までの申し込みで即日回答とされているのですが、実際には審査の結果が判明するのが翌日以降に持ち越されることが多いようです。近年ではスピード審査に力を入れているキャッシングが多く、特に大手消費者金融系キャッシングではそのほとんどが即日審査に対応していますので、イオン銀行カードローンBIGの審査は遅いといえるかもしれません。

 

審査の結果については融資が可能な場合には電話で通知されますが、融資が不可の場合には郵送で通知されることになります。審査に落ちてしまった場合には通知が届くまでにはかなりの時間がかかりますので、この点に関しては改善を期待したいところです。

 

即日融資は難しくなります!

 

イオン銀行カードローンBIGでも即日融資を受けることはできるのですが、実際に即日融資を受けるためには以下の条件をすべて満たすことが必要になります。

 

  • イオン銀行の普通預金口座を開設していること
  • イオン銀行のインターネットバンキングへの登録を完了していること/li>
  • インターネットホームページから14時までに申し込みの手続きを行うこと
  • 申込みの当日中に「審査」と「カードローン口座の開設」の両方をイオン銀行が済ませること

 

実際に申し込んだ人の口コミや体験談などを確認してみると、イオン銀行の普通預金口座を持っている人であっても融資が受けられるまでには1日〜2日程度の期間が必要になるようです。イオン銀行の普通預金口座を持っていない人の場合には、イオン銀行カードローンBIGへの申し込みと同時にイオン銀行の普通預金口座の開設を申し込むことが必要になります。口座の開設を窓口で申し込んだ場合には融資が受けられるまでには4日〜5日程度、また口座の開設を郵送で申し込んだ場合には融資が受けられるまでには9日〜10日程度が必要になります。

 

イオン銀行カードローンBIGの公式サイトはコチラ

イオン銀行カードローンBIGはどんな人におすすめなのでしょうか?

イオン銀行カードローンBIGは、特に次のような人におすすめだといえるでしょう。

 

イオン銀行の普通預金口座をすでに持っている人におすすめします!

 

イオン銀行の普通預金口座を持っている人であればイオン銀行カードローンBIGへの申し込み条件を満たしていますので、比較的短期間で融資を受けることができます。イオン銀行の普通預金口座の開設に申し込む必要がありませんので、申し込みから1日〜2日程度で融資を受けることができますし、条件次第では即日融資を受けることも可能になります。

 

ちなみにイオン銀行のインターネットサービスに登録済みの人の場合には、イオン銀行カードローンBIGに申し込む際に本人確認ができる書類収入の金額が証明できる書類などを提出する必要はありません。借り入れ希望額にかかわらず、書類の提出を省略することができます。

 

低金利でキャッシングを利用したい人におすすめします!

 

イオン銀行カードローンBIGでは3.8%〜13.8%の金利条件が設定されていますので、比較的低い金利で利用することができる銀行系キャッシングの中でもさらに低金利だといえるでしょう。イオン銀行カードローンBIGであれば利息の負担を軽減することができますので、低金利でキャッシングを利用したい人にはイオン銀行カードローンBIGへの申し込みをおすすめしたいと思います。

 

次はイオン銀行カードローンBIGの金利条件利用条件などについて、さらに詳しく確認してみましょう。

 

イオン銀行カードローンBIGの金利条件は?

3.8%〜13.8%の金利条件を、イオン銀行カードローンでは設定しています。現在は大手消費者金融系キャッシングでは18%程度、大手銀行系キャッシングでは15%程度の上限金利を設定していることが一般的となっていますので、イオン銀行カードローンBIGの金利条件はかなり割安だといえるのではないでしょうか。

 

ただし三井住友銀行のカードゴールドローンや住信SBIネット銀行のミスターカードローンプレミアムコースなどのように、イオン銀行カードローンBIGよりもさらに低金利で利用することができる銀行系キャッシングも存在しますので、低金利でキャッシングを利用したいという人は各社の金利条件などをじっくりと比較検討してみてください。

 

イオン銀行カードローンBIGの金利条件については一定の幅を持って表示されているのですが、これは利用限度額に応じて実際に適用される金利条件が異なるからなのです。例えばイオン銀行の審査で100万円の利用限度額が認められた人の場合には、金利条件については8.8%が適用されることになります。

 

イオン銀行カードローンBIGで認められる利用限度額は?

イオン銀行カードローンBIGで認められる利用限度額については、30万円〜800万円の範囲内で審査により決定されます。最大で800万円までの利用限度額が認められますので、銀行系キャッシングとしても利用限度額は大きめだといえるでしょう。さらにイオン銀行カードローンBIGには貸金業者を規制する総量規制は適用されませんので、条件次第では年収の3分の1を超える金額の借り入れが認められるかもしれません。

 

ただし実際の利用限度額は審査により利用者ごとに個別に決定されますし、特にイオン銀行カードローンBIGに初めて申し込む人の場合には信用を判定するための利用履歴が存在しないため、ほとんどの場合には少額の利用限度額からスタートすることになります。利用限度額については利用履歴を積み重ねればその後の増額が可能になりますので、まずは延滞をしないように確実な返済を行うことを心がけてください。

 

また専業主婦でもイオン銀行カードローンBIGに申し込むことができるのですが、本人に収入がない専業主婦の場合には利用限度額は最大で50万円までに制限されることになります。

 

イオン銀行カードローンBIGの公式サイトへ行く

 

イオン銀行カードローンBIGへの申し込み方法は?

イオン銀行カードローンBIGには、イオン銀行の公式ホームページから申し込んでください。土日祝日を含む24時間365日いつでも手軽に申し込むことができます。

 

イオン銀行カードローンBIGには郵送で申し込むこともできるのですが、郵送による申し込みの場合には審査の結果が判明するために2週間程度、さらに融資が受けられるまでには1ヶ月程度の期間が必要になりますので、正直あまりおすすめはできません。

 

公式ホームページから申し込む場合の主な流れについては、イオン銀行の口座の有無によりそれぞれ以下のとおりとなります。

 

イオン銀行の口座をすでに持っている人の場合には?

 

まずはイオン銀行の公式ホームページにアクセスして、インターネットバンキングにログインしてください。次に必要な事項をカードローンBIGの申し込みフォームに入力して送信します。すぐに審査が開始され、その後審査の結果が通知されます。審査に通過することができたら契約をしてカードローン口座を開設してください。イオン銀行カードローンBIGでは、この時点から借り入れの利用が可能になります。その後キャッシングカードが発行され、郵送で送付されることになります。

 

イオン銀行の口座を持っていない人の場合には?

 

イオン銀行カードローンBIGではイオン銀行の口座を持っていることが利用のための条件となっていますので、イオン銀行の口座を持っていない人の場合にはカードローンBIGへの申し込みと同時に、イオン銀行の口座開設を申し込むことが必要になります。以降の基本的な流れについてはイオン銀行の口座をすでに持っている人の場合と同様ですが、口座の開設には数日〜数週間程度の期間が必要になります。

 

審査や融資のために必要な時間は?

 

次はイオン銀行カードローンBIGの審査や融資などに必要な時間について、それぞれ詳しく確認してみましょう。

 

審査に必要な時間は?

 

イオン銀行カードローンBIGでは、14時までの審査の申し込みであれば即日中に結果が判明します。ただし実際には混雑状況などにより、審査の結果が判明するのが翌日以降となる場合などもあるようです。現在はスピード審査に力を入れている金融機関が多くなっていますし、特に大手消費者金融系キャッシングであれば申し込み後30分程度で審査の結果が判明しますので、イオン銀行カードローンBIGの審査スピードは遅いといえるかもしれません。

 

イオン銀行カードローンBIGでは審査に通過した場合には電話で通知されるのですが、審査に落ちてしまった場合には郵送で通知されることになりますので、結果が判明するまでにはさらに時間がかかることになります。審査の結果をできるだけ早く知りたい場合には、コールセンターに電話をしてオペレーターに問い合わせてみてください。

 

融資に必要な時間は?

 

イオン銀行カードローンBIGではイオン銀行口座を持っているかどうかにより、融資に必要な時間が異なります。イオン銀行の口座を持っている人の場合には最短で即日融資が受けられるのですが、実際に即日融資を受けるためには以下の条件をすべてクリアすることが必要です。

 

  • イオン銀行のインターネットバンキングへの登録手続きが完了していること
  • イオン銀行のホームページから14時までに申し込みを済ませること
  • 申込み当日中に「審査」と「カードローン口座の開設」の両方をイオン銀行が済ませること

 

上記の条件をすべてクリアすれば即日融資が可能になりますが、混雑状況などによっては実際の融資が翌日以降に持ち越される場合などもありますので、実際に融資が受けられるまでには1日〜2日程度が必要だと考えておくようにしましょう。

 

イオン銀行の口座を持っていない人の場合には、カードローンBIGへの申し込みと同時にイオン銀行の口座開設を申し込むことが必要になります。口座開設にはある程度の時間がかかりますので、即日融資を受けることはできません。実際に融資が受けられるまでには最短でも4日〜5日程度が必要になりますし、郵送で口座の開設を申し込んだ場合には9日〜10日程度が必要です。さらに口座を持っていない人の場合にはインターネットバンキングをすぐに利用することはできませんので、キャッシングカードが郵送で届くのを待ってATMで借り入れを利用することになります。

 

必要な書類や提出方法は?

 

イオン銀行カードローンBIGに申し込む際には、各種の書類を提出することが必要になります。提出が必要な書類の種類提出方法などについて、さらに詳しく確認してみましょう。

 

提出が必要な書類の種類は?

 

イオン銀行カードローンBIGに申し込む際には、本人確認ができる書類収入が証明できる書類などの提出が必要です。

 

本人確認ができる書類について

 

イオン銀行カードローンBIGに申込む際は原則として本人確認ができる書類を提出することが必要になるのですが、一部には例外があります。イオン銀行の口座を持っていてインターネットバンキングへの登録手続きを済ませている人の場合には、すでに本人確認の手続きが完了していますので書類の提出を省略することができるのです。本人確認ができる書類としては、以下のものを利用することができます。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

 

収入が証明できる書類について

 

イオン銀行カードローンBIGでは、借り入れ希望額が300万円を超える場合には収入が証明できる書類の提出が必要です。ただしイオン銀行の口座を持っていてインターネットバンキングへの登録手続きを済ませている人の場合には、借り入れ希望額が400万円以下であれば書類の提出を省略することができます。収入が証明できる書類としては、以下のものを利用することができます。

 

  • 給与明細(直近2ヶ月分と1年分の賞与明細)
  • 源泉徴収票(前年度分)
  • 住民税の課税決定通知書

 

必要な書類の提出方法は?

 

提出が必要な書類はデジカメやスキャナーなどを利用して、インターネットから提出することができます。ホームページの指示に従って、画像データアップロードしてください。

イオン銀行カードローンBIGではお試し審査を利用することはできるのでしょうか?

近年では基本的な情報を入力するだけで融資の可否を判断することができる「お試し審査」(仮審査・簡易審査・3秒診断など)を提供するキャッシングが増えているのですが、イオン銀行カードローンBIGではお試し審査のサービスは提供していませんので、審査の結果については本審査に申し込んでみなければわからないということになります。

 

審査に不安を感じるという人は、他社が提供するお試し審査などを活用してみてください。審査に通過できるかどうかのある程度の目安を、確認することができるはずです。

 

イオン銀行カードローンBIGの公式サイトはコチラ

 

イオン銀行カードローンBIGの借り入れ方法は?

イオン銀行カードローンBIGでは、インターネットバンキングまたはATMで借り入れを利用することができます。

 

インターネットバンキングを利用するには?

 

イオン銀行のインターネットバンキング(イオン銀行ダイレクト)を利用すれば、イオン銀行口座への振り込み入金による借り入れを利用することができます。イオン銀行の口座を持っている人であれば、インターネットバンキングのサービスを利用することができるのです。

 

イオン銀行のインターネットバンキングのサービスは、メンテナンスの時間を除き365日24時間いつでも利用することができます。さらに手数料も無料となっていますので、積極的に活用してみてください。

 

イオン銀行のATMを利用するには?

 

イオン銀行では2014年12月の時点で日本全国に5537台の自社ATMを設置しており、いずれも24時間365日いつでも手数料無料で利用することができます。イオン銀行ATMはイオン店舗などに設置されていますので、買い物などでイオン店舗を利用する機会が多い人は便利に活用することができるでしょう。ただしイオン店舗に設置されたイオン銀行ATMの場合には、利用できるのはイオン店舗の営業時間内に限られることになります。

 

提携ATMを利用するには?

 

イオン銀行カードローンBIGではイオン銀行のATM以外にも、様々な銀行やコンビニなどの提携ATMを利用することができます。主な提携先ATMについては、以下のとおりとなります。

 

  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • みずほ銀行ATM
  • りそな銀行ATM
  • イーネットATM(ファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクス・ポプラ・スリーエフ・デイリーヤマザキなど)

 

他行が提供するキャッシングとは異なり、セブン銀行ATMやローソンATMの利用ができないことに注意をしてください。提携ATMを利用する場合には、利用金額に応じて108円または216円のATM利用手数料が請求されることになります。

 

イオン銀行ではおまとめローンの提供は行っているのでしょうか?

イオン銀行ではおまとめローン専用商品として、ネットフリーローンという金融商品の提供を行っています。利用限度額は最大700万円までで総量規制は適用されませんので、大きな金額の借り入れが可能になります。さらに金利条件は年率で4.8%〜13.5%までとなっていますので、銀行が提供するおまとめローンとしても比較的低金利だといえるでしょう。

 

ただしネットフリーローンを実際に利用するためには、イオン銀行が定める利用条件を満たすことが必要になります。具体的には申し込みの時点で満20歳以上60歳未満であり、前年度の年収が税込みで200万円以上であることが必要になります。学生や年金生活者はネットフリーローンを利用することはできませんし、また利用の際には契約1件ごとに事務手数料として2700円が請求されます。

 

イオン銀行カードローンBIGの公式サイトはコチラ

 

イオン銀行カードローンBIGでは無利息期間サービスを利用することはできるのでしょうか?

無利息期間サービスはあらかじめ設定された期間内について、利息の負担なしでキャッシングが利用できるサービスになります。近年では顧客サービスの一環として無利息期間サービスを提供する金融機関が増えているのですが、残念ながらイオン銀行カードローンBIGでは無利息期間サービスの提供は行っていません

 

無利息期間サービスを利用したいという人は、アコムプロミス新生銀行レイクなどの無利息期間サービスの提供を行うキャッシングへの申し込みを検討してみてください。

 

イオン銀行カードローンBIGの返済方法は?

イオン銀行カードローンBIGでは、口座引き落としの方法により返済を行うことになります。口座引き落としではあらかじめ指定した口座から、毎月7日に自動的に引き落としが行われます。月々の返済額は返済日前日の借入残高に応じて決定され、具体的には以下のとおりとなります。

 

  • 借入残高が3千円超〜10万円以下の場合→月々の返済額は3千円になります
  • 借入残高が10万円超〜40万円以下の場合→月々の返済額は5千円になります
  • 借入残高が40万円超〜50万円以下の場合→月々の返済額は1万円になります

 

(借入残高が50万円超〜は省略)

 

口座引き落としでは上記の金額の返済(約定返済)を行うことになりますので、返済に余裕があればさらに繰り上げ返済(任意返済)を積極的に活用してみてください。繰り上げ返済を行った場合には返済額全額が借り入れ元本の返済に充当されますので、返済期間を短縮して利息の負担を軽減することができます。インターネットバンキング・振り込み・イオン銀行ATM・提携ATMのいずれかの方法により任意返済を行うことができるのですが、振り込みや提携ATMによる任意返済では手数料の支払いが必要になります。

 

イオン銀行カードローンBIGの返済方式は?

 

イオン銀行カードローンBIGでは、返済方式として残高スライド方式を採用しています。残高スライド方式はキャッシングで幅広く利用されている返済方式であり、残高スライドリボルビング方式・残高スライド元利定額返済方式などと呼ばれることもあります。例えば借入残高が100万円であれば月々の返済額は1万5千円、借入残高が30万円であれば月々の返済額は5千円などのように、月々の返済金額が借入残高により決定されることが残高スライド方式の特徴となっています。

 

残高スライド方式では特に返済の初期において利息の負担が大きくなりますので、借り入れ元本がなかなか減らずに返済が長期化しやすくなるというデメリットがあります。利息の負担を減らして早期の完済を目指すためには、返済に余裕があれば繰り上げ返済(任意返済)を積極的に活用してみてください。特に返済の初期において繰り上げ返済を活用することが、残高スライド方式で利息の負担を軽減するための重要なポイントになります。

 

イオン銀行の店舗やATMの数は?

 

イオン銀行は2014年3月の時点で、有人店舗数が137店舗、自社ATM数が5537台となっています。イオン銀行の自社ATMはイオン店舗などに数多く設置されていますので、買い物などでイオン店舗を利用することが多い人には便利だといえるでしょう。ただし有人店舗数は137店舗に限られますので、実際に足を運んで担当者に相談などをしたいという人にとっては若干不便かもしれません。

 

その他には様々な銀行やコンビニなどの提携ATMを利用することができるのですが、セブンイレブン(セブン銀行ATM)とローソン(ローソンATM)の利用には対応していませんので、コンビニのATMを利用したい人は注意をしてください。イオン銀行カードローンBIGでは提携ATMを利用する場合には、108円または216円の利用手数料が必要になります。手数料の負担を減らしたいという人は、手数料無料で利用することができるイオン銀行ATMの活用を検討してみてください。

イオン銀行カードローンBIGの借入条件と概要

来店不要でおまとめローンも可能などサービスが充実しているイオン銀行カードローンBIGの借り入れ条件やその概要を一覧表で案内します。尚、イオン銀行カードローンBIGの借入金利は、時点のものとなります。

 

審査期間 1〜2営業日
利用限度額 30万円〜800万円以内
実質年率 3.8%〜13.8% (変動金利)
借入方法 ・ATM経由での借入
・インターネット・電話での振込サービス
ローンの条件・概要 安定的な収入のある満20歳〜69歳までの方が対象
返済方法 ・イオン銀行口座から自動引落し

 

イオン銀行カードローンBIGの公式サイトへ行く

イオン銀行カードローンBIG / 消費者金融エスプレッソ記事一覧

他社借入が多いと危険?イオン銀行カードローンBIGは、まずインターネットなどで申し込みすると本人確認の電話がかかります。この確認が取れると、本審査の段階に移行します。本審査の結果、融資に問題なしと判断されると融資が実行されます。本審査で審査落ちしてしまう人もいます。その理由を見てみると、他社借入の状況に問題があるというケースが多いです。他社借入が多いと、融資をしても債権回収できない恐れが高まります...

このページの先頭へ戻る