アコムの審査落ちで一番多いのは?

金融事故は審査の中ではかなりのマイナスに

カードローンの中でもテレビコマーシャルなどで知名度のあるアコムで借り入れしたいと思っている人も多いはずです。しかしアコムの審査は厳しいのではないか、審査に落ちてしまうのではないかと不安に感じている人もいるはずです。

アコムの審査に落ちてしまうのは、返済能力が十分でないことです。よって収入が注目されます。ただし収入といっても、高収入を稼がないといけないというわけではありません。安定した継続的な収入があるかどうかがポイントです。

 

サラリーマンや公務員であれば、まず審査は通過できるはずです。アルバイトやパートタイマーの場合でも、審査に受かる可能性があります。特に現在やっている仕事が長く続いているのであれば、審査に受かる可能性も出てきます。

 

また過去にどれくらい申し込みをしているかも重視されます。短期間で複数のカードローン会社に申し込みをしていれば、よほどお金に困っている人と判断されかねません。このため、審査落ちをする可能性があります。

 

3か月以内に3社以上の消費者金融に申し込みをしている人は、審査に受かるのは難しいと思うべきです。

 

アコムの審査落ちで一番多いのは?

コマーシャルでもしばしば宣伝していて知名度も高いので安心だろうと思い、アコムで借り入れしたいと思っている人はいませんか?でも自分の条件でアコムに借り入れできるのかどうか不安という人もいるはずです。確かにアコムに申し込んでも融資拒否に遭う人もいます。

 

理由はさまざまですが、最も多いのが他社借入の条件です。他社に借り入れがあると、そちらの返済もしていかないといけません。そうなると自分の債権の回収ができなくなる恐れがあります。そこで複数の借入先のある人は審査が厳しくなります。

 

インターネットのサイトを見てみると、他社借入件数と利用者数割合の関係は以下の図のようになっています。やはり借入件数が多くなればなるほどユーザーの割合は少なくなる傾向が見られます。

 

他社借入件数 利用者の割合
0社 50%円
1社 25%
2社 15%

ちなみに他社にどれだけの借り入れがあるかは、信用情報機関で確認すればわかることです。借入があってもないと申し込んでもばれますので、正直に申告してください。

 

総量規制は関係あり

アコムは貸金業者に該当しますので、総量規制の対象となります。総量規制とは、自分の年収の1/3を超えて借り入れできないルールです。そこで借入限度額は年収の1/3以内に収まるように希望を出した方が、審査に受かる可能性は高まります。

 

ちなみに住宅ローンやオートローンの借入をしている人はいませんか?これらの借入額は大きくなるので、すでに1/3を超えている人もいるはずです。ではアコムに申し込んでも審査落ちしてしまうかというとそうではありません。

 

実は総量規制のルールにおいて、住宅ローンやオートローンのような担保のあるローンは対象外です。住宅ローンやオートローンの借入があるからといって、審査で不利に働くことはありません。

 

住宅ローンもオートローンも、ある程度まとまった資金を融資します。その借り入れができているということは、それだけ信用力のある人と評価されます。むしろ審査では有利に働く可能性が高いのです。

 

審査落ちが心配なら3秒審査を利用すべし

自分がアコムの審査に受かるかどうか不安というのであれば、3秒審査をまず受けてみてください。アコムのホームページにあるサービスで、簡易審査のサービスのことです。生年月日と性別、独身か既婚者か、他社の借入状況を入力するだけで、借入可能かどうか瞬時に判断してくれます。

 

この簡易審査のいい所は、自分の名前や住所などの個人情報を知らせなくていい所です。

 

また本審査に申し込みをすると、信用情報に登録されます。短期間で多くの消費者金融に申し込むと、そのことを理由に審査で落とされる危険性もあります。しかしアコムの3秒審査の場合、信用情報には登録されません。3秒審査で融資可能と判断されても本審査で絶対に大丈夫という保証はありません。

 

しかし、参考にはなるので、心配な人はまず3秒審査を受けてみることです。最後にアコムのスペック情報を紹介しておきます。参考にしてみてください。

 

アコムの借入条件
借入限度額 最高500万円
金利 4.7% 〜 18.0%
審査スピード 最短即日
レディースキャッシング ×

 

アコムカードローン・フリーローン公式サイトへ行く

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る