消費者金融最新の人気ランキング

消費者金融と聞くと今まで利用した事がない方は、少し怖い感じがするかもしれません。ただし、急な出費を要するときにコンビニなどのATMを利用していつでも現金を引き出せたり、いざというときに頼りになる存在なのが消費者金融です。

 

今や数多く存在している消費者金融会社の中から当サイトでは親会社が銀行系のところで信頼性の高いところだけを厳選。無利息期間が長い業者、金利、融資限度額、返済方法などを徹底比較しています。まずは満足のゆく消費者金融を選ぶために、人気ランキングを参考にしてみてください。

 

金利は実質年率4.7%〜18.0%で利用しやすい!!

三菱UFJフィナンシャルグループで安定度抜群!

来店不要でATMから楽に借り入れられる!

アコムなら最短30分で審査の回答をしてくれる!

公式サイトへ

 

SMFGグループだから安心して利用できる

WEB契約後、自動契約機で即日融資が可能

借入利率は4.5%〜17.8%と好条件!

3項目だけ入力OKの借入診断でチェックを!!

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

公式サイトへ

 

限度額500万円だからゆとりある借入れが可能!!

年利4.8〜18.0%で業界でも最高水準の低金利!

大手消費者金融という知名度と信頼度!

融資可能か知りたい方は10秒審査へGO!

※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。

公式サイトへ

 

金利は業界最低の3.0%〜17.8%!!

限度額最高800万円!!ゆとりある大型ローンなら!!

24時間いつでもできる即時振込がある!

月額7,000円からの返済にも対応して使いやすい!!

公式サイトへ

 

驚き!!借入額5万円までなら180日間無利息!

初契約する方なら借入額全額が30日間無利息!

簡単なWEB申込みでスピーディーに即日融資!

※申込の時間帯によっては対応できない事もあります。

公式サイトへ

そもそも消費者金融とは何か?

「消費者金融」という言葉、きっと皆さん一度は聞いたことがあると思います。それでは消費者金融とはなんでしょうか?
金融業者ですから、もちろんお金を貸す職業です。そしてその対象は、「今、手元にお金がほしい!」という人です。今すぐ必要な方へ貸すのですから、必要な書類は身分証明書、つまり免許証や保険証のみということが多いです。実際に借り入れを申し込んだ際の審査は数十分程度のごく短時間で、申し込んだその日にお金を借りることができます。

 

・消費者金融の業務体系
消費者金融を含む金融業種は「消費者信用産業」と呼ばれます。その中でも特に消費者金融のような、金融機関であっても預金するサービスのない業者を「ノンバンク」といいます。この中にはクレジットカード会社なども含まれます。
そしてこの消費者信用産業の中でも消費者金融の利用者が貸し付けられた金額である「信用供与額」、いわゆる利用限度額は2003年のデータで9.7兆円あります。

 

・消費者金融で「借りる」「返す」
消費者金融の特徴として、先に述べた利用限度額の範囲の中であれば、『何度でも借りることができる』ということが挙げられます。例を挙げると、限度額が50万円の利用者が30万円借りたとき、このあとさらに20万円借りることができます。
もちろん30万円を返済すれば50万円満額借りられます。
消費者金融では、10万円を借り入れたとすると毎月の返済額を「4000円以上」としていることが多いです。4000円以上であれば返済額はいくらでもいいので融通が利きますね。しかし毎月の最低返済額だけを支払い続けているとその分返済期間が長くなってしまいます。返済を早く終えたい人は4000円と言わず多めに返済しましょう。テレビでCMを放映している大手業者なら、銀行ATMやコンビニでカード利用が可能です。

 

・庶民に優しい消費者金融
必要なときにお金を貸してくれるのは消費者金融だけではありません。車や住宅を買うときには銀行でローンを組んだりしますよね。金利は低いですし、「銀行のローン」というとなんとなく安心感もあります。けれどローンの申し込みには使途証明など必要書類が多かったり、審査にも時間がかかりますし審査内容も厳しくローンが組めないこともしばしばあります。
それに対して消費者金融は、そういったローンを組めない人、たとえば収入が低い人にも銀行よりも金利は高めですが緩めの審査でお金を貸してくれるのです。

 

・消費者金融、申し込み方も色々
そんな消費者金融ですが、実際に申し込むにはどうしたらいいのでしょうか。ざっと挙げると「店頭窓口」「自動契約機」「電話・FAX」「インターネット」など様々あります。最初の自動契約機ができたのは1993年のことですが、これをきっかけに店頭窓口から自動契約機に、電話やFAXからインターネットに、というように申し込み方法の選択が変化してきました。可能な限り人を介さず、手早く気軽にお金を借りたい、という利用者が多いのだと思われます。

 

・金利の高さが気になるけど…
消費者金融というと高金利というイメージがある人が多いと思います。確かに多くの業者では出資法が定めている上限である29.22%という金利を設定しています。これは決して低い金利ではありません。しかし実際のところ、消費者金融以外の、たとえばクレジットカード会社で行っているキャッシングサービス(多くは一回払い)の金利もほとんど変わらず、消費者金融だけが高金利というわけではありません。

 

・消費者金融業界での棲み分け
消費者金融というとどういった企業を思いつくでしょうか。ぱっと思いつくのはテレビCMを放映している業者でしょう。こういった企業は規模が大きく、名前を知られている分敷居が低いため初めて消費者金融を利用する方が利用することが多いです。そして中堅やもっと規模が小さい業者の利用者はそうした大手業者を既に利用したことのある方であることが多く、業界内での棲み分けはこういった借り入れ件数で行われているようです。

 

・消費者金融のターゲットとは?
ずばり20代〜30代です。特に、20代で年収が350万円程度の方です。消費者金融の中でも、銀行系の業者は少し違った層、30代後半で年収が500〜700万円程度の方がターゲットとなっています。どちらも消費者金融業者にとってはもっとも理想とするターゲットであり、多くの業者がさらに多くの顧客を得ようと企業努力を続けています。


このページの先頭へ戻る